2015年12月29日火曜日

コルテーゼ!

こんにちわ。
サ高住の遠藤です。

2015年もあと2日ちょっと。
はやいものですね。

最近は日本にもたくさんの外国人の方がいらっしゃってますね。
オリンピックに向けてとてもいいことですね。
グローバルな世の中になってきました。
ということで、各言語の親切を調べてみました。

英語・・・kindness 「カインドネス」

ドイツ語・・・Gute「ギューテ」、freundlich「フロイントリヒ」

フランス語・・・gentil「ジャンティ」

イタリア語・・・gentile「ジェンティーレ」、cortese「コルテーゼ」

といった感じです。

親切心運動もグローバルに行きましょう!!!!!





こんにちわ。サ高住の星野です。2015年も、あと3日で終わりですね。
先日大和市にある、サービス付き高齢者向け住宅「大和たちばな苑」で、
お正月用の飾り作りに、参加させて頂きました。

 
実際に作っているところの写真がなくて、すいませんっ!!
サービス付き高齢者向け住宅「大和たちばな苑」では、建物内の飾りを、入居者様とスタッフの方が、いつも作られております。
今回のお正月用の飾りはとても細かい作業で、参加したのが、
私ともう一人20代のスタッフなのですが、結構大変な作業でした。(>_<)
でも、入居者様とお話しをしながらの作業は、あっと言う間にすぎ、
気が付いたらお昼ぐらいから始めて、終わったのが夕方ぐらいになってしまいました。。
 
来年、この飾りを「大和たちばな苑」に見に行くのが楽しみです♪
 
神奈川ロイヤル(株)高齢者住宅募集センター 星野
 
 

 

 
 

2015年12月28日月曜日

ある日のできごと・・・

みなさんこんにちは~~~!
サ高住チームの高根沢(たかねざわ)です。

クリスマスが足早に通り過ぎもう年末を迎えますね。
皆さまは、クリスマスはどう過ごされましたか?
私は、友人たちとクリスマスマーケットに出向き、その後なぜかサムギョプサルを食べに行きました!(笑)クリスマスらしいお食事ではないですが、「クリスマス」ということで集まることができる友人がいて幸せだなと感じた1日でした♪

さてさて・・・・
先日、プライベートで伺ったレストランでの出来事です。
ちょうどお昼の時間帯で店内は大変混み合い、お店に入るにも長蛇の列ができているような状態でした。
私は、少し早い時間に入ることができ既に席に座り食事をし始めていました。
隣に座っていたご家族のお子様から「わぁーーー!」という嬉しそうな声が聞こえたので、
ふっとみてみると、どうやら頼んでいたお食事が届いたようでした♪微笑ましいなと思いながら自分の食事に戻ると・・・「わぁーーー!」と今度は泣きそうな声が聞こえ、またふっとみてみると、
オレンジジュースがお食事全体にこぼれていました。どうやら、コップをうまくつかめずジュースをこぼしてしまったようなのです。
すると、こんなにも混んでいてわさわさしているレストランにも関わらず、ある一人の女性スタッフがすぐに駆けつけて状況を把握しにいらっしゃいました!その場の状況を判断されて、
一切嫌な顔などみせず、「すぐに新しいものとお取替えいたしますので、少々お待ちくださいね」と言って席を離れました。
少し時間が経ってから全く同じお食事を持ってきてくださいました!
お子様は、曇っていた表情からとびきりの笑顔に変わりその後嬉しそうにお食事をほおばっていました♪
女性スタッフのスマートな判断の素晴らしさとお子様の笑顔をみて私もとてもうれしくなりました。

私も人に嬉しいと思っていただけるような行動をとることができるように毎日過ごしていきたいです(*^^)

今年、当社に関わって下さった方、またはこちらのブログをみていただいている方、みなさん
本当にありがとうございました!
来年も宜しくお願い致します。
よいお年を★


そごう横浜店
サ高住チーム
高根沢(たかねざわ)

2015年12月24日木曜日

兄弟が親切行動を競い合う


こんにちわ
高齢者住宅募集センターの西尾です。

先日、とあるショッピングセンターに買い物へ出かけた時の事です。

休憩スペース横の階段にて小学生の兄弟が荷物の取り合いをしていました。
気になり、聞き耳を立ててみると、弟「おじいちゃんの荷物は僕が運ぶ」、
兄「いつも俺が運んでるんだからまかせろ」と自分たちの祖父が持っている
荷物をどちらが運ぶかで揉めていました。

おじいちゃん思いも兄弟だなぁと感心させられた事も印象的でしたが、何より
記憶に鮮明に残ったのはおじいちゃんの嬉しい反面、困った表情でした。



お客様に感謝

今年の夏に来店されたお客様のお話です。

 

身体は不自由だけど、頭はしっかりしているお母様の入居先を検討ということで来店され

 

ました。

 

口数の少ない息子さんの相談でした。相談時も私が一方的に話している状態。

 

息子さんは戸塚あたりでと希望だったので、来年1月にOPENするサ高住があるので、資

 

料が整い次第郵送することになっていて、それから数ヶ月後、資料を郵送。OPEN前の見

 

学となりました。OPEN前ということで今回は抽選でお部屋が決まります。第一希望は当

 

りませんでしたが、他の部屋で無事お申込みとなりました。結果はシーズン戸塚のスタッ

 

フからもお電話ありましたが、お客様より直接抽選結果のお電話も頂きました。

 

私と知り合えた事でとても良いところを紹介して頂いたと、口数の少ない息子さんより連

 

を頂きうれしかったです。お母様もとても気にいっていると、本当にありがとうござい

 

したと言われました。見学ばかりでなかなか申し込みにならないサ高住ですがこの言葉

 

私が救われます。

 

      お客様に感謝です。

 

            これからもときめくサ高住を案内していきたいと思います。

 

                               サ高住担当 梅村

2015年12月21日月曜日

毎日のお薬は大事です

横須賀の施設に体験入居されるお客様がいらっしゃいました。

3泊4日の日程で葉山からお越しいただき、初日は落ち着いた様子で
無事にお部屋でお休みいただきました。

程なく施設から電話があり、お薬が1日分しかないことがわかりました。

ご家族もお仕事があるなかで、在宅介護でお世話になっていたヘルパーさんとも
連携をとって、なんとか翌日にお届けして間に合わせることができました。

当たり前ですが代用のきかないもので、普段服薬の習慣がない者にとっては、
そこに重要性があることが抜けがちです。

ご高齢の方々は大概なにかしらお薬を飲んでいらっしゃるので、
事前の確認はしっかりしなければ、と反省しました。

ご協力いただいた地域の皆様、ありがとうございました。


神奈川相談室(そごう横浜店)
小松

2015年12月20日日曜日

活動は誰のため?

皆様こんにちは!
ロイヤル入居相談室 そごう店の澤田です。

早いもので、
入社&親切心運動を行って1か月が過ぎてました。

最初はぼんやりと始めていた活動でしたが、
とある出来事を通じ、自分のためになっている
活動なんだなぁと実感をしました。

その出来事とは・・・


きっかけは本当に小さな親切心。
自宅近くの坂道、車いすを利用しているご家族様を見かけました。
坂道を降りるところだったので、荷物だけでもと声をかけさせて頂きました。

道中話を聞いてると、なんと3件程隣のご家族様だったのであります。
車いすに乗っていた息子様は若くして障害を負われてしまい、
普段は殆どベット上での生活のため、今までお会いすることが無かったのです。

もし・・・あの時に声をかけることをしてなかったら・・・
私はご近所様を知るることなく生活を続けてたのかなと後に思いました。


親切心運動を始めてから、小さなことではあるかもしれないですが、
日常での気づきが増えたような気がします。

がんばって活動をしているつもりでしたが、
最近では色んな物事に気づかせてくれてるんだなと思える様になりました。


会社の活動で知ったのは事実ですが、
今後は誰のためでもない自分のために、
来年も進んで親切心運動を行っていきます!


それでは皆様もよいお年を~


澤田



とあるラーメン屋さんにて

皆さん、こんにちは!!
ロイヤル入居相談室の玉井です。

とあるラーメン屋さんでの話です。
昼食時に、ラーメン屋さんに立ち寄りました。
昼時ということもあり、お店は混雑していましたが、4人掛けのテーブルに
案内をして頂きました。メニューを注文し終えると、次に待たれているのが
3人組であることに気が付きました。ちょうど2名席が空いたので、定員の方に声を掛け、
席を移動する旨を伝え、席を譲りました。

すると・・・

注文したラーメンと、『心遣いありがとうございます。』との言葉と共に
注文していないウーロン茶が運ばれてきました。
定員の方の、親切心に対しての心配りが素晴らしく、とてもすがすがしい気持ちになりました。
そして、美味しいラーメンが、より一層美味しく感じられました。
おばちゃん、ウーロン茶ごちそうさまでした♪


ロイヤル入居相談室 横浜そごう店
玉井 暁人

師走のあるある・・・?

 神奈川相談室の遠藤成幸です。

 今日は、12月20日!師走もいよいよ後半です。

 今年の整理や大掃除をを始めた方・・・
 クリスマスを楽しみにしている方・・・
 年賀状を書き始めた方・・・
 いつもと変わらない方・・・
 そして、
 連日の忘年会で、胃腸が弱っている方・・・

 皆様いかがお過ごしですか。

 今回は、この時期毎年のように遭遇する出来事で、今年ももれなく何度か遭遇したことについてお伝えしようと思います。

 年末の大詰めで、仕事に忘年会にと、私も大多数方々が過ごす師走の日々を送っております。

 とある日、仕事が終わり帰宅時の電車の中の出来事です。(最近は、毎日のように帰宅時の電車内で色々なことが起きています・・・そして何故か遭遇しています・・・)
 
 気持ちよくお酒を飲んで帰宅するサラリーマンの方でしょうか。年齢にして30~35歳。痩せ型で、170~175センチくらいの男性の方でした。なんとなく薄ら笑みを浮かべながら、爆睡状態でした。
 「この人、何か良いことあったのかな?寝過ごさなければいいけどな・・・大分熟睡してるなぁ・・・」なんて思いながら、向かいに座って翌日の仕事の整理を頭の中でしていながらしばらく後・・・
 私の下車するいくつか前の駅で、突然何かに憑りつかれたようにその方は飛び起き、閉まりかけているドアの隙間に無理やり体をねじ込み、下車していきました。

 あまりの突然の出来事に、近くにいた他の乗客の方々は唖然!!
 あの酔った感じであの瞬発力は!!!

 あっけにとられていましたが、ふと見ると、その方が座っていた座席下に何やら小さな2つの何かが落ちていました。座席の下部であったためか、私以外の他の人は全く気付いていません。
 近づいて確認すると、携帯電話(明らかに会社から支給されているであろうガラケー)と、何とも個性的なデザインの皮でできた小銭入れでした。その方のスーツや持っていたビジネスバックからは、本人が購入したと思いにくいような、特徴的な皮の小銭入れでした。
 左手の薬指には、指輪が光っておりましたので、奥様かお子様からのプレゼント?!もしかしたら違うかもしれないけど・・・

 なんて頭でっかちで想像ばかり膨らんでいきましたが、そうこうしていうちに、私の下車する最寄駅に到着しました。

 とにかく、両方大事なものには違いありません。それを手に取り、下車して駅員さんに報告し携帯と小銭入れを預けて、わかる限りの経緯と状況とその方の特徴をお伝えし、駅員さんに託して帰宅しました。
 できることはやったし、何とか持ち主が見つかるといいな・・・と思ってその日から数日後。

 そんなことが頭からすっかり離れてしまっていた数日後、最寄駅のその時の駅員さんから突然声をかけられ、
 「あの日の2日後に、本人から連絡があって、無事に返しましたよ。ものすごく感謝してましたよ。携帯よりも小銭入れ・・・あれはお子さんからのプレゼントだったようですよ。」ということをお聞きしました。
 私も子供のいる身です。なによりも単純に「良かった」と思いました。

 まだまだ年末にかけて、お酒の席が予定されている方々も多いかと思います。くれぐれも、大事なものは、しっかりと鞄にしまって、くれぐれも飲みすぎのないように、良いクリスマス、良い年末年始をお迎えください。

 ロイヤル入居相談室は、12/30~1/2までは休業ですが、それ以外は休みなくご相談可能です。お悩みになるのであれば、まずご一報ください。

 神奈川ロイヤル株式会社
 ロイヤル入居相談室
 0120-58-6186




2015年12月19日土曜日

一人旅

皆様、こんにちは。
ロイヤル入居相談室 神奈川相談室の垣内です。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


先日、電車に乗っているとタブレットを持って困った様子の外国人の方にお会いしました。話を伺うと、どうやら自分が乗っている電車が目的地に着くのか不安だとのこと。目的地に行くには乗り換えが必要でした。ちょうど私の行く方向と同じだったこともあり、ホームまでご一緒して電車を乗り換えました。
「初めて日本に来たんだ」「日本の電車は分かりにくいね」等お話ししているうちに目的地に到着しました。

初めての国、一人での移動、ワクワクとした気持ちと同時に、不安がつき物です。
少しでも今回の旅が楽しいものになってくれたら、少しでも日本のイメージが良いものになってくれたら、初めはそんな思いもありましたが、彼の旅行計画を聞いていると自分自身が楽しい気持ちになってしまいました。


街中には外国人観光客の方も増えています。
5年後にはオリンピックもあり、ますます旅行者の方も増えてくるでしょう。
日本に来られた方々が、日本に来てよかった、日本っていい国だな、少しでもそんな風に思って頂けたらいいなぁと思います。


~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~


慌ただしく感じる師走ですが、皆様どうぞお身体ご自愛ください。

そして皆様の新しい一年が素晴らしい年になりますように。

2015年12月18日金曜日

小さな子にも親切に!

皆さんこんにちは。そごう店の高橋です。早いもので今年も残りわずかですね。

ご来店いただくお客様からも「今年もお世話になりました・・」など
会話が聞こえるようになりました。

先日帰りのことです。乗り換えで駅構内を歩いていると、1~2歳ほどの女の子が
ベビーカーに乗せられ、泣いているわけでもなくママ!ママ!と叫んでました。
迷子のようではないし・・・まさか置いていかれたのでは?などと思っていると、
同じように心配した方々が子供に声をかけ始めました。駅員も登場し、いよいよ警察か?
と思った時、慌ててお母さんが帰ってきました。

どうやら買い物で離れる際にお父さんに子供を任せたのですが、お父さんは子供を
置いて何か買いに出てしまったようです。しばらくすると何気ない顔で帰ってきましたが
騒ぎに愕然としてました。
その後はしばらく怒鳴り声が構内中響いてました・・・。

でも親切な人が多くいて心が温まりました!!
チビっこも良かったね!

 
ロイヤル入居相談室
神奈川相談室 高橋

2015年12月17日木曜日

餅つき大会

皆さん、こんにんちは!
ロイヤル入居相談室 神奈川相談室の出原です。

年末となり、寒さが日に日に厳しくなって来ました。
私は寒いのが嫌いで、老後は常夏の島で暮らしたいと真剣に考えています。
しかし、日本には四季があり、季節のイベントを楽しむことが出来ます。
これは、捨てがたい!

ということで、今回は、「町内の餅つき大会」に参加させて頂いた時の報告です。
昨年も参加しましたが、子供がまだ小さく、目が離せない状況だったので、
出来上がったお餅ちを、ただ食べるだけになってしまい、来年はボランティアで
お餅ちをつこうと決めていました。

今年はちゃんとお餅をつく側で参加し、皆様に食べて頂きました。
子供がいることにより、近隣のボランティアや、行事に参加する機会が増え、
今ままでとは違う貴重な体験や、心が動かされることが多くなりました。

またこちらのブログでご報告したいと思います。

皆様、風など召されませんよう、くれぐれもご自愛ください。
来年も良い年になるように頑張ります!

出原





2015年12月16日水曜日

親切にされたこと

こんにちは!
新宿相談室 横澤です。

今年も最後のブログとなってしまいました。。
と、いっても10月入社の私は、実に3回目の投稿ではございますが…

また来年もみてくださいね!!


今回の私の親切心ブログは、私が親切にされたことを書きます。

先日、多摩のホーム見学をさせていただきました時のお話です。
駅から、ホームに向かうバスの中で、携帯電話を落としてしまったようで、これに気付かずに、
新宿相談室近くまで戻ってきてしまいました。
気付いた時には、時すでに遅し。

どちらに落としたものか、なかなか検討が付きません。
ホームさんに落としたものか、途中立ち寄ったコンビニエンスストアに落としたか、はたまた路上に落としてしまったか。

思い当たる場所場所にお電話をしてもなかなかみつからず。。

いよいよ、携帯電話会社に止めていただく手段が頭をよぎるなか、


人も多く出入りしているし、勝手に自分の中で、交通機関のなかに、落としていたら、
もう出てこないと選択肢を消していた。
ことを考える。

西東京バス。

電話。

営業所に、、、

「黒いスマートフォンが届いております」

あった。

届けてくださった。
もしくは、運転手さんが発見してくださったか。

夜に、営業所まで取りに行く。

10時間振りの再会。


ブログ上ではありますが、親切に電話での対応をくださったホームの方。
コンビニのスタッフ、さらにはバス会社の方、また実際にお客様で届けてくださった方がいらっしゃたら、皆様に心からの方々に感謝を述べたいと思います。
ありがとうございました。

2015年12月15日火曜日

冬でも水分補給を

皆様こんにちは。
新宿相談室の相談員の明田でございます。

お客様の見学同行の際、長距離になることもございますので、
ささやかではございますが、温かい緑茶、ノンカフェインのお茶等をご用意しております。
それは夏場と比べて、冬場は水分補給の頻度が減るような気がしますし、
暖房等により空気が乾燥し、喉が乾き易くなる条件が揃うので、
少しでも水分補給の機会となればと思ってのことでございます。

私見ではございますが、温かい飲み物は、
人をホッとさせる力があるのではないかと思います。
皆様穏やかな表情で、受け取ってくださり、
「ありがとう」というお言葉を頂けたりします。
その表情とお言葉に、私も温かい気持ちになります。

皆さまも適宜水分補給をしていただき、
寒さ厳しいこの季節を乗り越え、
素敵な年末年始をお迎えいただければ幸いでございます。

2015年12月14日月曜日

板橋区舟渡にあるホームのスタッフ対応について

 こんにちは、新宿相談室の佐野です。

先日、板橋区舟渡にある介護付有料老人ホームの

入居日に立ち会った時のエピソードをご紹介します。


 入居された方は83歳の女性の方で、車椅子をご利用されております。

ホームへ到着すると、すぐにお部屋にご案内され、

数分後には、スタッフの方々がゾロゾロと集まり始めました。

すると、入居相談員の進行でスタッフ紹介が始まりました。

ここからが、親切な対応と感じた部分です。

まずは、ホーム長から、ご本人様の目の前に跪く(ひざまづく)姿勢で、

目線を合わせて自己紹介をしました。

その後の介護スタッフ・看護師・事務員の方まで、同じ姿勢で丁寧に自己紹介しており、

本当に素晴らしい対応と思いました。

私も、この様な心構えで対応して頂けるホームと分かり安心しました。






募金活動

皆さまこんにちは。新宿相談室の市川です。
パッとしない不安定な気候が続き、体調を崩しやすい時期ですので
皆さま風邪など召されませぬようご留意ください。

先日、杉並区在住のご家族様との面談を終えた帰りに
駅構内にて大勢の小学生の子供達が
「ご協力おねがいしまーす!」と大きな声を出して
募金活動をされていました。

杉並区では12月初めから
“歳末たすけあい募金運動”にて
各施設で募金活動を実施されております。
集まった募金は地域の福祉活動等に役立たせるとの事です。


ボランティアによる募金活動
これって究極の“親切心運動”ではないでしょうか。

「お疲れ様です。頑張ってください」
と、お声掛けし募金させていただきましたところ
お返しに、杉並社協のマスコットキャラクターである
うぇるくんの金太郎飴をいただきました。

早速口に入れて甘さに身体が癒されました☆

ささえあいの地域づくりの中で
ロイヤル入居相談室が少しでも貢献できるよう
小さな親切心運動を続けていきたいと思います。

2015年12月13日日曜日

新宿駅にて

新宿相談室、長尾洋子です。
先日、爆買の大量の荷物を抱えた若い女性が、
丸ノ内線新宿駅のホームへ降りる階段の前で、
立ち止まっていらっしゃいました。
お声かけして、その荷物を二人で抱えておろし、
乗換駅も一緒でしたので、
電車への乗り降りもお手伝いできました。
とても喜んで貰えました。
先週は、大きなトランクを持っていた女性が、
手を滑らせてしまい、トランクが階段を落ちていくのに遭遇しました。
最近は、大量の荷物を持った人をよく目にします。
危険ですので、見かけた時には
なるだけお手伝いしたいと思っています。




皆様もお気をつけください!!

新宿相談室の岡村です。

私事で大変恐縮ですが、2か月ほど前に人生初めてのぎっくり腰をしてしまいました。

その日はお休みを頂いていたので、家におりまして、布団を干そうとした瞬間にギクッとやってしまいました。

新宿相談室の皆様には大変ご迷惑をおかけしたことと、気を使って頂きまして本当にありがとうございました。今ではすっかり良くなったのですが、いまだに重い荷物を持つときは気にかけてくださって、ありがとうございます。

ぎっくり腰の原因を調べてみましたら、デスクワークなのでいつも同じ姿勢を続けているとなるようです。予防としては適度な運動や体操などを定期的に行うことだそうです。

皆様におかれましては私のようにならないように充分にお気を付け下さい!!

小さなことから始めます。

新宿相談室の遊佐です。


お客様がホームの見学をされる時、私たち相談員が車での送迎を

させて頂くことがあります。

特にご本人様がご見学されるような場合は、ご自宅へお迎えに

伺い、ご見学に同行、ご自宅へお送りするということがよくあります。


そこで私は考えました。

ご見学の移動の間にも、お客様のお役に立つように何か出来ることは

ないだろうかと・・・。

そして思いついたのが、非常にベタではありますが車の中にクッションと

ひざ掛けをおくことです。

渋滞などで時間がかかってしまった時など、車内で少しでも楽な体勢

を取って頂けるようになれば、と思っています。


実際に「助かりました」というお言葉を頂いたこともありましたので、

些細なことでもまずはやってみることが大切かな、とも思いました。


これからも少しでも親切を形にしていけるようにしていきたいと思います。

真っ赤なベンツ

数日前のお昼頃、少しスピードを出して車を運転していたところ、反対車線を走る赤いベンツがパッシングを10回以上してきました。初めは、何してるんだろう、点検でもしてるのかな?と思った瞬間!!これは私もしている合図だと気が付きました。スピードを減速し走行すると、スピード違反の検問をしていました。助かりました。お礼を言いたいのに言えないのが残念でしかたありません。この場をかりて御礼をさせていただきます。「ありがとうございました。」

新宿相談室 川上

2015年12月11日金曜日

海外ではありえない、誇るべき日本の素晴らしさ。


新宿相談室 岡です。


先日、財布(小銭入れでしたが。)を拾いました。

駅構内でしたので、駅改札へお届けしました。

落とし主の元にちゃんと戻ってくれたらと願っております。


『落し物を拾ったときは、警察などに届ける。』

自分自身を考えてみても、小さい頃からこのように教育されてきたように思います。

――― 落としたものが、落とし主に返ってくる。

日本では、当たり前の文化のように思いますが、これは日本以外ではありえないという事も聞いた事があります。

誇るべき素晴らしいことだと思います。

日本を訪れる海外の方が、日本で落し物をされたときに、「日本でよかった」と思えるような、そんな国でいつまでもあり続けたいと願うばかりです。



小さな親切心運動 ~しよう~10ゕ条
No8 観光立国を目指し「おもてなしの心」を意識しよう



2015年12月7日月曜日

今まで我慢していたダウンコートをとうとう着て出勤した 多摩相談室の山口です。

今日、70歳前後と思われるご婦人と 1歳のお子様を連れたお嬢様がご来店されました。相談内容はご婦人のお母様のご入居先でした。
席に着かれてから20分ぐらい経過した頃。。。「ウッッ、フニ、、ブブ、、、」 赤ちゃんがぐずりはじめてしまいました。
狭いベビーカーに寝かされて、お母さんとおばあちゃんはわけわからない話をしてて、自分の相手をしてくれなければ、ぐずるしかないですよね。
一度このグズグズが始まってしまうとなかなか収まりません。お子様を育てた経験がある方ならご存知だとおもいます。

私が困ったなーっと思っていたところ、事務の菊屋さんが「これどうぞ」と「ベビー用ジュース」を差し出してくれました。しかも リンゴジュースと麦茶の2種類。
そうなんです。多摩相談室では幼児同席の場合も多いのでジュースを用意しているんです。でもベビー用も用意していたとは知りませんでした。さすが菊屋さんです。

その後、赤ちゃんはにこにこしてご機嫌よく帰って行かれました。

めでたしめでたし。

2015年12月6日日曜日

介護予防運動セミナーを開催しました!

多摩相談室 廣瀬です。
私たち多摩相談室では、定期的にセミナーを開催しています。先日、本年最後の「介護予防運動セミナー」が無事終了!
『自宅でできるセルフメンテナンス講座~肩・腰・膝の痛み からだの不調は自分で癒す~』と題し、自宅でできる簡単なストレッチやマッサージ方法を講師の方から伝授して頂きました。
IMG_3423.JPG
講師は、多摩センターにあるオレオスフィットネスクラブの宮尾店長!!楽しいお話で、会場はとても和やかな雰囲気でした。
IMG_3446.JPG
IMG_3384a.JPG
IMG_3392.JPG
IMG_3397.JPG

講師としてお越し頂いた、オレオスフィットネスクラブさんは、多摩相談室のご近所さん♪イトーヨーカドー丘の上プラザ店の隣の隣の建物、100均のダイソーの上にあります。フィットネスクラブだけではなく、デイサービスや介護予防事業も展開されています。
IMG_3461.JPG
身体に不調がある方は、ぜひオレオスフィットネスクラブさんにご相談を♪体験利用もできるそうです。
「オレオススタッフ ブログ」 http://ameblo.jp/h-oreos/
オレオスフィットネスクラブの皆様は、講師とお越し頂くだけでなく、告知チラシの配布にもご尽力いただきました。この介護予防運動セミナーは、オレオスフィットネスクラブの皆様をはじめ、たくさんの方にご協力を頂き、開催しています。
会場をご提供してくださり、設営・撤去もお手伝いしてくださる新都市センター開発(株)の皆様、広告物の掲示や館内アナウンスにご協力くださるイトーヨーカドー丘の上プラザ店の皆様、空調や照明の調整をお願いするイトーヨーカドーの設備管理の皆様、セミナーの度お騒がせしているのを快くご了承頂けるイトーヨーカドー4階専門店街の店舗の皆様、お仲間に積極的に参加を勧めてくださる清掃担当の方、、、
本当にたくさんの方々のご協力あってのセミナーです!!この場を借りて、御礼申し上げます。
来年も、皆様のお力をお借りしながら、地域の皆様に向けてセミナーを開催いたしますので、どうぞご期待下さい♪
毎日ストレッチとマッサージを継続中の、廣瀬でした。

2015年12月1日火曜日

座間市のサ高住で「防災訓練体験付き見学会」を実施しました!

こんにちわ。サ高住の星野です。
最近季節の変わり目に、必ず風邪を引くようになってしまいました。。
免疫力が強くなるように、規則正しい生活を送るよう心がけたいです。

11月に、座間市のサービス付き高齢者向け住宅「ゆうペットシニア」にて、
見学会を開催しました。
今回はいつもの見学会とは異なり、建物の設備管理をお願いしている
一般社団法人「かながわ土地建物保全協会」にご協力頂き、「防災訓練体験付き見学会」を、
行いました。





ご近所の方もお招きし、非常食の試食会・水消火器の体験をして頂きました。
 
 
 
今回は試験的に行ったため、十分なご案内期間がない中での開催になりましたが、
ご参加頂きました皆様。何よりご協力を頂きました「かながわ土地建物保全協会」の皆様。
本当にありがとうございました。
 
次回は、充分な時間を設けてご案内ができるようにしたいです。。
 
神奈川ロイヤル(株)高齢者住宅募集センター 星野
 
 

 
 
 

2015年11月30日月曜日

皆様初めまして。

皆さま、初めまして!
高齢者住宅募集センターに入社致しました西尾と申します。

これから、私の身の周の親切な方々や頂いたご厚意で嬉しかったことなど
紹介していきたいと思います。

初投稿の出来事は、
先日、休日に趣味の一つでありますバイクで群馬県館林までツーリングに
行っていた時の出来事です。

途中、小休憩で寄ったコンビニにてすが、店長の方が、「一人旅ですか?」
と声をかけてくれまして、現地の隠れた観光スポットの案内や、温かいコー
ヒーをご馳走して頂きました。
ちょうど、気温も低く体が冷えていたこともあり、心も体もとても温まりました。

この場をお借りしまして再度お礼を!

店長さん、あの時のコーヒーとてもおいしかったです。
ありがとうございました!
 私も店長さんのように人にやさしく思いやりをもって接したいと思いました。

今後も、様々な出来事を紹介していきたいと思います。
これからも、宜しくお願い致します。

高齢者住宅募集センター 西尾

女二人きりのドライブ(サ高住見学)

サ高住担当の梅村です。

先日の見学案内のエピソードをお話ししたいと思います。

見学前日にお客様から突然のキャンセルの電話が入りました。

お風呂で転倒してしまって、身体は何ともないけれど、顔があざだらけになってしまったので
電車に乗っていくことが出来ないので、後日に変更してほしいと。

身体は元気ということで、年内に引っ越しもしたいとお客様の強い希望もあり、私が車で迎えに行くことで見学を実行。

行き2時間かけ迎えに。その後、見学ヶ所、2か所、入居先も決まり、申し込みをして施設のスタッフとの面談もすみ、安心した様子でまた2時間かけ帰宅。

帰りの道中、もうすでに17時過ぎ、サービスエリアでコーヒータイム。
お客様から一言「昔、母が生きていた時は私が運転し母と父をよくドライブに連れて行っていたと」
ご本人様現在87歳 
今では車を運転する事もなく、ドライブもできない。行きたくてもいけない。こんなところでコーヒーを買って飲むことすらできなくなったと。
今日一日、大変だったでしょうと、私はとても楽しかったと「ありがとう」と言ってくださいました。

耳の遠いいお客様、途中、話がかみ合わないことが何度もあり、お互い笑ってしまうこともしばしば(笑)

楽しかったと言って頂いて、それだけでうれしくなりました。

親切心運動を始めてからの心境の変化・・・

こんにちは!
サ高住や自立型有料老人ホームのご紹介を担当しております、
高齢者住宅募集センターの高根沢です。

社内で親切心運動を開始してから数か月経ちましたが、仕事においてもプライベートにおいても
人やモノをより大切にするように意識し始めたり、特に他の人が行っている行動に
よく着目するようになりました!
社内のスタッフに対してもですが、休日に訪れた場所のスタッフの対応においてもです。
私がされてうれしかった行動は、私自身も学んで実践をしていこうと思います。
反対に、されて不愉快な気持ちになることもあります。
その場合は、私が嫌になった理由を考えて、今後のお客様対応の際に活かしています。

社内でもよく言われていることですが、自分が親切に思って行動したことでも相手にとっては、
大きなお世話だとなる場合もあるので、ひとつひとつの行動について本当にこれでよいのかと
自身に問いかけて慎重に行っていきます。

明日から12月に突入し、すぐに年末がきてしまうかと思います。
終わってしまう終わってしまうと思うと、時間は早く過ぎ去ってしまいますので、
毎日目標を立てて過ごしていきます。

2015年11月29日日曜日

健康第一!

こんにちわ!遠藤です。

だいぶ寒くなってきましたね。

季節の変わり目は体調を崩しやすいから気をつけましょう。

健康じゃないと、周りの人にまで気が回らなくなりますからね!

うがい・手洗いしっかりやりましょう。

では、また(-_-)/~~~ピシー!ピシー!

2015年11月24日火曜日

サ高住「グランパーシモン」

こんにちは。
サ高住チームの山口です。

今回投稿させて頂くのは、サ高住チームで募集をさせて頂く事になりました、
青葉区柿の木台の「グランパーシモン」のスタッフさんのお話です。

12月の5日(土)6日(日)に見学会を計画していまして、そのお打合せに何度か足を運ばせて頂きました。初めての事ですので当日の流れや広告など、スタッフの方々は色々と戸惑っていることもありましたが、準備を進めさせて頂きました。
先日、広告の写真をあと1枚玄関前の写真を載せたいとの話になり、急遽朝の電話で伺いスタッフのお写真を玄関先で撮らせて頂きました。前もって説明もなく、本当に申し訳なかったのですが、やむを得ない対応に快く撮影させて頂きました。
後日原稿が出来次第、1番にそのスタッフさんにお渡しに伺おうと思っています。
これからも急な出来事(見学など)があると思いますが、と伝えると、入居に関してスタッフ一同チームとなって進めていきたいと同じ気持ちでいて下さったので、うれしく思いました。
見学会に向けて準備など頑張ろうと思いました。

スタッフのみなさん「ありがとうございますこれからよろしくお願い致します。」

2015年11月22日日曜日

その後如何ですか?

そごう横浜店の9階で、ホーム探しの相談を日々お受けしております。

いくつか提案させていただいたホームの中から、最終的にはここなら安心、
とご家族様やご本人様に決めていただき、お引越し、入居。
でも私たちのお手伝いはそこで終わるわけではありません。

入居後の生活が快適であるか、不都合なことはないか、入居者様の立場に立って、
寄り添わせていただきます。

時には、うまくいかないこともあります。ご本人様がこうして欲しい、と感じていることや、
ご家族様がこうしてあげて欲しいと期待することと、ホームの対応との間にズレが生じて
しまうのです。

本当はその場で声に出していけば、誤解が解けたり改善できるはずのことも、
信頼関係が構築できていない中では、遠慮や余計な気遣いで、利用者側からは
言えずに我慢してしまうケースが多々みられるのです。

先日都内のホームにお母様を入居させた娘様に、ご様子をきかせてもらいたく
「その後、お母様は如何お過ごしですか?」とお電話さしあげました。

はじめは「お蔭様で・・・」と当たり障りのないお話でしたが、よくよくきいていくと、
「実は入居して間もなくこんなことがあって・・・」と、ホームに対する不満や不信、
今後の生活に不安を感じる思いが次から次へと電話口から溢れてきました。

結局今一度そごう横浜店9階にお越しいただき、経緯やご様子を直接聞かせて
いただくことにしました。

その後ホームの責任者との話し合いの場を設けて同席させていただき、これまでの
対応の確認と、今後改善できること、できないことをはっきりさせて様子をみていくことに
なりました。

場合によっては他のホームに転居することも視野にいれながら、継続的に見守らせて
いただきます。

最期のそのときまで、穏やかに暮らしていきたいという思いは、ご本人やご家族様に
当然強くあるわけで、そのための転居の選択をされたのなら、そこでの生活が今までよりも
よりよくならなければ、その意味がありません。

入居先がみつかったからそれでいいわけではなく、肝心なのはそこからの生活ぶりです。

これからも「その後如何ですか?」運動を続けていきます。

そして、その時、胸のうちをオープンに打ち明けていただけるだけの信頼が得られるような
相談員になることが一番の目標です。


神奈川相談室 小松

2015年11月19日木曜日

改めるきっかけ


皆様初めまして。

11月より神奈川相談室に入社致しました澤田と申します。

 

これから私も、身の回りで起きた小さな親切を、

皆さんに知って頂ければと大きな声で書いて行きたいと思います。

どうぞ宜しくお願い致します。


 

さっそくながら、今週合った出来事を一つ!

 
 

私自身ドライブが好きなので、

今週のお休みもドライブに出かけておりました。

 

あまり広くは無い道を走っていると前の車が突然のブレーキ!

危ないな!と横にかわすことが出来、事なきは得たのですが、

下手をすれば事故を起こす状態に興奮冷めやらず、注意の一つでもしようと

少し前に車を止めて引き返すと・・・

 

 

その車から若い男性が降りてくるなり横の坂を走り出しました。

追いかけるとそこには座り込んでいる男性の姿が・・・

 

幸い座り込んでいた男性も異常は無く、疲れたので木陰で座っていたとのこと。

「二人ともわざわざ車から降りて心配してくれたのかい?ありがとう」

と座り込んだ男性は言ってくださいました。

車を運転していた男性からも、

「倒れてたらどうしようかと、来てくれて助かりました」とのこと。

 

 

横道を通る僅かな時間で停まって、実際に声までかけれる行動力に感動すると共に、

その行動を確認もせず注意しようとしてた自分が、大変恥ずかしくなりました。

 

入社し、小さな親切心運動を始める意識を持ち始めていたのに、

まだまだ意識出来てないんだと初めての休日で反省を致しました。

 

この若い男性のように、

困ってる人に対し、すぐに行動できるよう意識をして行こうと再認識をしました。

ブログを通じてですが、きっかけをくれたあの時の男性に有難うと思います。

 

まだまだ親切心運動も未熟者ではありますが、

旨を張れるように頑張りたいと思います!

どうぞ宜しくお願い致します。

巡り巡る親切心

皆さんこんにちは、横浜そごう店の玉井です!!

駅の階段での出来事です。
抱っこひもで前に赤ちゃんを抱えた若いお母さんが、折り畳んだベビーカーを持って
階段を上がっている姿を見かけました。私は、「ベビーカー持ちますよ」と声をかけ、
階段の上までお持ちしました。「大変ですよね。自分も小さな子供がいるので分かります。」
と話すと、「ありがとうございます。助かりました。」と、軽い会釈をして立ち去りました。

私には、4歳と、2歳の双子の3人の子供がいます。
双子のベビーカーを押しているときは、場所も取り、迷惑をかける時もあります。
特に、ドアやエレベーターなど、幅が狭く、通るのに苦労をし、
他の方にお待たせすることもしばしば・・・
そんな時は、ドアを抑えていただいたり、一緒にひっぱってくださったりと、
本当に多くの方に助けていただきました。
その親切にして頂いた恩を、今度は自分が返す番です。

受けた親切を、違う方へ親切として返す。
その親切心が、いろいろな場所で巡り巡れば、素敵だな~と思う今日この頃です。



ロイヤル入居相談室 そごう横浜
玉井 暁人

落花生堀り(狩り)

みなさん、こんにちは! 神奈川相談室の出原です。
先日参加した「落花生堀り」のお話しをしたいと思います。

私は町田市に住んでおり、回覧板が今でもコミュニケーションツールとして
活躍しています。その中に近隣の農家の方が「落花生の収穫作業」に、
ボランティアを募集していました。

落花生の収穫?・・・・正直私はピンと来ず、インターネットで調べて見ると、
サツマイモの収穫に似ていて、畑から芋づる式ならぬ、落花生づる式に
引き抜いていくことがわかりました。日程を確認すると・・・・丁度、公休日!
3歳4ヶ月の娘に行きたいか尋ねると、「行く!」と即答され参加することに決めました。

平日ということもあり、参加は7組でした。レクチャーを受けた後は、ひたすら引き抜く
作業を繰り返しました。

お土産に「落花生」を頂いたのですが、その量が想像以上に多く、自宅に持って帰ってから
持て余すほどでした。 近隣の交友のあるお宅にお裾分けして、皆様からもお礼の言葉を
頂きました。

娘と貴重な体験が出来て、皆様から感謝もされて、とても充実した一日でした。

自然の中で汗を搔くのは気持ちいいですね・・・・次の日の腰痛を除けば・・・・・

来年参加するかは・・・・今のところ未定です。 とりあえず体を鍛えます!

実りの秋を皆様も楽しんでください!



2015年11月18日水曜日

ありがとう・・・の言葉の重み

 横浜そごう店の遠藤(成)です。


 つい先日の帰宅時の出来事です。

 川崎に仕事があり、少し帰宅が遅くなった日の事です。
 その日は、午後から雲行きが怪しく予報通りの雨となりました。さほど気温は下がりませんでしたが、小雨になったり少し強く降ったりと、降り止む気配はありません。

 仕事を終え、電車での帰宅途中、下車駅まであと3駅という所で、左手に大きな紙袋、右手に杖を持ったご老人がホームから乗車しようとしていました。私のいたすぐ脇のドアから・・・・が足が思うように動かなかったのか、乗車した瞬間にまさかの転倒!前のめりに転倒し四つんばいの状態に!! 幸い、しっかりと“手”をついたので、受け身がとれ、大事には至らなかったのですが、両ひざの打撲程度はあったと予想できる衝撃でした。

 そのご老人は、コートを羽織り、アイロン線の整ったスラックスという服装でしっかりとしたご様子だったのですが、四つんばいのまま動けずにいたので、私含め、近くにいた若者2名と学生であろう女生徒で、抱え上げ椅子に座る状態までサポートしました。
 幸い大きな怪我はなさそうで、お身体の痛みも訴えておりませんでした。

 時間は夜の11時過ぎ!!

 こんな時間に、しかもこんな雨の日に、よほど大事な予定でもあったのだろうか・・・などと考えていた時、その後老人の口から、「102歳にもなると足腰がいうことをきかない・・・皆さん迷惑かけました。すみません。」と衝撃の発言が・・・周囲にいた見ず知らずの居合わせた方々は、「ひゃっ 102歳!!」と驚きの声が・・・

 尚更、102歳の方が出歩く時間ではないし、何かあったのか?物騒なことに巻き込まれていたのでは??という妄想ばかりが膨らんできます。このまま独りで帰るにはあまりにも危ないなと思っていたところ、私の下車駅の1つ前の駅がご老人の下車駅であることが、わかりました。
 『良かった』
 時間は11時20分くらいでしたが、私の下車駅と1駅違いだったので、ご老人と一緒に下車してタクシーに乗ってもらおうと考え、一緒に下車しました。変に気を遣われてもと思い、私も同じ駅が最寄ということで、違和感なく一緒に下車しました。
 駅といっても午後からの雨が、ホームの所々を濡らし、滑りやすく危ない状況です。ご老人の右手をかかえ、万一に備えながら改札口を目指しましたが、100メートルを10分くらいのペースでの歩行でしたので、あらためて『よく怪我なくここまで帰ってこられたな』と思いながら、タクシー乗り場を目指しました。

 なんとか改札を出て、これで一安心。運良くタクシーも数台待機しており、余計に待つ必要もない状態を確認し、タクシーで帰路に向かってもらいました。

 帰り際「それでは、気を付けて、またお元気なお姿でお会いしましょう」とお伝えし、帰ろうとした時、そのご老人が右手を差し出し、握手を求めてこられました。
 自然の流れで、私も右手を出し、細いながらもしっかりとした強目の握手をしながら、少し目を潤ませ、たった一言『本当にありがとう!』といってくださいました。

 これまでの私の人生で最も重みのある『ありがとう』でした。

 この仕事を通じ、多くのご年配の方々にお会いしているからこそできた行動のような気がします。その状況で自然にとった行動に対し、すごく重みのある言葉を頂戴し、こちらこそ感謝の念で満ちております。
 また、お元気な姿をお見かけできればと心底思いながら、私も帰路につきました。


神奈川相談室
遠藤 成幸


 

病院でのできごと

皆さま、こんにちは。
横浜そごう店の垣内です。

先日、病院に行った時のこと。用事を終えてエレベーターに乗り、帰ろうとしていたところ、廊下の先から杖をつきながら急いだ様子でエレベーターに向かってくるおばあさんが目に入りました。私の他にもう一人エレベーターに乗っていた方に、「少し待っていただけますか、もう一人乗られるみたいです」と伝え、おばあさんの近くへ向かい「焦らなくて大丈夫ですよ」と声をかけ、一緒にエレベーターに乗ることができました。

ほっとした様子のおばあさんにお礼を言われると、なんだか照れくさい感じがしましたが、自然と行えた行動を振り返り、自分の中にも『小さな親切心運動』が根付いてきているんだなと実感できた一コマでした。

★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆★☆☆☆☆☆☆☆☆★

ハロウィンが終わるとあっという間にクリスマスシーズンですね。
横浜の街並みも、SOGOも綺麗に飾られたイルミネーションを楽しむことが出来、クリスマスを待ち遠しい子供のようなワクワクした気持ちになってしまいます。

色とりどりのイルミネーションを楽しみに、お気軽にSOGO店へお越しください!


神奈川相談室
垣内

2015年11月17日火曜日

小さな心遣い


皆さまこんにちは。神奈川相談室の髙橋です。
 
早いもので年末のご挨拶を考える時期ですね!私の中の「小さな親切心運動」も
根づいて参りました!

先日仕事を終えいつもの電車で出発を待っていたところ、ドア付近に60代の女性が立って
いました。発車間際に大勢の方が飛び乗ってきた為、女性は押され尻もちをついてしまいました。

私は手を貸そうとしましたが、その前に数人の方が女性に手を差し伸べてました。
親切心を受け喜んでいる様子はとても心温まる光景です。
 
世の中に親切な方は多くいます。また親切心を内に秘めている方も多くいるので、
我々の活動も何かのきっかけになればと思います。
 

神奈川相談室
髙橋

2015年11月15日日曜日

「大丈夫ですか?」の一言が大切

小さな親切心運動を始めてから、「大丈夫ですか?」と声を掛ける事が自然と出来るようになった。
具合の悪そうな中年の女性が駐車場内でしゃがみ込んでいた時や、ご高齢の男性が杖を置きビルの階段に座っていた時、タクシーから降車した若い男性が酔っぱらって足元がふらついていた時にその様な声掛けをしてみると、今の所笑顔で「大丈夫です」「ありがとう」と返事が返ってきます。この一言で、その瞬間は自分自身も清々しい気持ちになり気持ちが良いものです。
今後は、「大丈夫です」と返答がなく、本当に困っている人に出会う事があると思いますが、
その時には冷静に判断して行動しようと心掛けております。

東京ロイヤル㈱ 佐野 就平

新宿相談室の相談員のみなさん

こんにちは!!
新宿相談室 横澤です!!

秋も深まり、朝、夕の急激な冷え込みに、お身体にとって苦しい苦しい季節となりましたが、
皆様いかがお過ごしでしょうか。



今回「親切心」のブログを記載するにあたって、まず浮かんだこと。


それは、当相談室の職場環境についてです。


私は、10月1日より、新卒入社以来、4年半勤務した前会社から転職してまいりました。
これまで介護施設の現場で勤務してきましたので、日々お客様に対する姿勢や、職員に対しては、
心で接してきたつもりでした。


しかし、当社に入社して、気づかされたことが沢山あります!!


入社初日から、当相談室の先輩方は、右も左も分からずデスクに座る私に皆さんが気さくに話しかけてくださいました。

また、何に対しても、作業に時間がかかってしまい、パソコンと向き合う時間が多くなってしまう私に、「少し休憩したら?」と、気遣ってくださったり、

業務中において、私から様々な質問をしても、忙しい仕事の手を止め、親身に答えてくださいます。

お昼ご飯や、勤務後は居酒屋でのお酒の席にも誘ってくださいます。

私が話しやすい、また打ち解けやすいように配慮下さっている。少なくとも私はそう感じ取れるのです。


また、これまでなかなか指導されてこなかった私の欠点部分も教えてくださいます。
これらすべて吸収して、改善していきたいと思っております。

感謝の気持ちと、早く仕事を覚えて、教えていただいたことを生かせるようになりたい。
こう強く思う毎日です。

このような気持ちで勤務できているのは、私が忘れていた、「相手を想う気持ち」を皆さんがお持ちであるからだと思います。


このようなことを、指導されている身の私が記すことは、誠に恐縮ではありますが、


ブログを読んでくださっている方に、当社「新宿相談室」のご様子が少しでも、ご理解いただけたら、何よりであると思っております!

親切心ではなく、当たり前にこのようなことができる、社会人に私もなりたい!!

と心から願っております。



良くある出来事

満員電車に立って乗っていたところ、座っている方が次の停車駅がわからずにキョロキョロされ、困っておられたので「次は〇〇駅ですよ」と、お伝えしました。ちょうど降車駅だったので喜んでいただけました。見ず知らずの方に話かけることがスムーズになってきました。成長しています。

川上

冬の親切な贈り物

皆さまこんにちは。新宿相談室の市川です。
日増しに寒さが身にしみるようになりましたが
お元気でお過ごしでしょうか。

先日、弊社にお越し頂いたあるホームの方から
「うちで置いていますので、ぜひロイヤルさんも使ってみてください!」
と、親切な贈り物を頂きました。



ウィルス除去・除菌・消臭の効果がある感染予防商品『クレベリンG』です


ご入居者さまに安全・快適に過ごして頂きたいというホームさんの気配り・心配り
とても素敵ですね。

早速相談室に設置させていただきました。
新宿の相談員一同、風邪等に負けず
これからもご相談・ご案内に努めて参ります!


皆さまもお体には気を付けてお過ごしくださいませ。

秋の装い♪

こんにちは、新宿相談室の石田です。


11月から、新宿本社7階の受付が秋の装いに変わりました♪




営業事務の皆さんによる力作です。ありがとうございます!

これまでは特に何も装飾していなかったのですが、
季節感もあり華やかになって、私もとても気に入っています。

ご来店下さるお客様にも、秋を感じて頂ければ嬉しいです。




ご来店といえば・・・


新宿相談室は、お客様より「店舗の場所が分かりにくい」というお声をしばしば頂きます。

新宿駅自体、様々な電車・様々な改札や出口があり、非常にわかりづらいです。

今年1月に移転いたしましたので、古い地図をお持ちの方もいらっしゃるかもしれません。

新宿大ガード西交差点付近の、1階にファミリーマートが入っているビルとなります。
そちらを目印にお越しください。

道に迷われた方は、お気軽にお電話下さいね。
また、迷いそうだという方は、事前にお知らせ下さい。新宿駅前までお迎えにあがります。



店舗には、有料老人ホームのパンフレットが多数揃っています。
これからご相談をお考えの方は、是非お店にもいらっしゃって下さい。

皆様のご来店をお待ちしております♪



新宿相談室 石田でした。

2015年11月14日土曜日

小さなことを大きな愛で。



新宿相談室の岡です。

先日、新宿駅西口地下での出来事です。
ご年配で白い杖を使用されている方が、その場で立ち止まっておられました。
しばらく様子を伺っておりましたが、動かれないので、声をかけてみました。

岡:「こんにちは。なにかお手伝いできることはございますか?」
「あ。ありがとうございます。方南町行のバス停にいきたいのですが、わからなくなってしまって。。。」
岡:「あ。私わかりますので、一緒に行きましょう」
「ご親切にありがとうございます。」

ふと、その方をみると「※オレンジリング」を首から下げておりました。
岡:「あ。オレンジリング持ってらっしゃるんですね。僕も持ってるんですよ!失礼ですが、目が見えづらいのに認知症のサポーター講座に参加されるって素晴らしいですね」
「いえいえ、そんな風に言ってもらえて嬉しいですよ。私は、区のボランティアにも登録してるんですよ。このリングは、私の妻が認知症になってしまって、少しでもなにかできればと思って・・・」

お話を伺って、なんだかとてもいろいろ考えました。
一番思った事は、今の自分でも、もっとなにか社会貢献できる事があるんじゃないかな・・・と。
ただ、正直言ってそれがなにか、今はわかりません。
自分自身の出来る範囲で、それがなにかを考え続けていき、
いつかそれを見つけだし、実行していきたいと思います。

もしかして、その見つけた事は、とっても小さな、ちっぽけなことかもしれません。
で、あれば、その事に 「大きな愛と情熱と魂をこめて」 実行していけたらなと思います。
・・・・みたいなことを、マザー・テレサが言ってました(受け売りです・苦笑)。



小さな親切心運動~しよう10ヵ条~
No4   困っている人がいたら積極的に声掛けをしよう
No10. 常に社会貢献とは何かを考えて真摯にスマートに行動しよう。




※オレンジリング
認知症サポーター養成講座を受講した方へ渡されるオレンジ色のブレスレッド。


みんなは一人のために

新宿相談室の遊佐です。


先日のことです。
ご退院後のご入居先を探したいというご相談をお受けしたお客様の病院のカンファレンスに参加させて頂く機会がありました。
そこでは、ご親族の方をはじめとして、看護師さんや理学療法士さん、言語聴覚士さん、地域包括の相談員さんなど10名近くの方が集まって、ご相談者様のご退院からご入居までの期間を安心して生活して頂くためにはどうしたらよいのかということが話し合われたのですが、皆さんが一つの目的に向かって、想定される状況に対してそれぞれの職分から配慮されたご提案をされていました。

皆さんが、一人の方の為に、一生懸命話し合われている姿は、本当に素晴らしいなと感じました。

そして私自身も、ほんの少しではありますがその一端を担うことが出来ているのならこんなに素敵なことはないです。
そのためにももっともっと努力して自分の職務を果たすことが大事だな、と責任も感じました。

ひとがひとの為に、自分に出来ることを出来る限り頑張ること。そういう気持ちが重なっていくこと。
シンプルなようですが、親切心ってそういうことかな、と改めて感じた出来事でした。




ご入所のお手伝い

新宿相談室の長尾洋子です。
80代のお姉様を70代の弟様が介護をしていらっしゃいました。
お姉様のご状態が重くなられ、介護していらした弟様が
腰痛発症、精神的にも限界な状況になられご入所を決意されました。
お姉様も長年住み慣れたご実家からホームへというのは
残念無念というお気持ちでいっぱいのご状況でした。

お二人でホームに行っていただくのも心配になり
同僚3人で、車でホームまでお送り致しました。
1時間半くらいの道のり、
お姉様は、途中小さい頃遊んだ公園や、
昔の思い出を話され、懐かしんでいらっしゃいました。

ホームに到着直後は、精神的な影響の為か
痛みを訴えられて心配な状況でした。 

4、5日過ぎて、弟様よりお電話を頂き
「随分落ち着いてきて、穏やかに過ごしていて、
痛みを訴えることもなくなったそうです。」と
とてもほっとされた、晴れやかな感じのお電話を頂きました。 

初めての面談からご入所の決断、お引越しまで、
紆余曲折でしたが、
ほっとされた弟様のお声をお聞きし、
同僚3人とも少し安心することが出来ました。




英語を話せるようにならないと…。

新宿相談室の岡村と申します。

先日、電車に乗っていたら観光で来られていると思われる外国の方から英語で尋ねられました。
「この電車はこの駅に止まりますか?」と…。英語の意味はわかったのですが、この電車はその駅に止まるかどうかわかりませんでした。

「わかりませんがちょっと調べてみます」と言いたかったのですが英語が出てこない。そうしている間にその外国の方は申し訳なさそうにして次の駅で降りてしまいました。

私はとても残念でした。英会話教室でも行こうかなと思いました。自身のスキルアップは自分のためだけではなく、人のお役に立てることに改めて実感した瞬間でした。

2015年11月12日木曜日

入居後の訪問について

皆さまこんにちは。
新宿相談室の明田と申します。

当相談室では、入居後にもお客様のご様子を伺うため、
貴重なご意見を頂戴するため、ご入居後の訪問をさせていただいております。

先日も訪問させていただき、当初お会いさせていただいた時よりも
お元気な姿でリハビリ等に取り組まれているご入居者様と、
そのご家族様とお話しする機会をいただきました。
ホームでの生活やスタッフの方々とのエピソード等も伺うことができ、
私も勉強させていただきました。
そして、お話をしていただいた時の笑顔や表情を拝見して、
私自身の心が温かくなり、有難い気持ちになりました。

このようにお客様の声に耳を傾け、そこで教わったことを、
次のお客様にもお伝えしていく。
例えちょっとしたことでも、誰かの心に響くことがあることと思います。
そうした大切なことを伝えられるように、
日々、積極的に自ら足を運んでいけたらと思っております。

少しの優しさが親切心を生む

こんにちは多摩相談室の山口です。

最近『親切心運動』について思うことがあります。
「親切心」とはなに?
「誰かに親切にしたかしら?」
今までは考えたことが無かったのですが、ふと想います。

例えば
朝、ドアを開けて会社に向かいます。
・エレベーターに乗り合わせた住民の方に「おはようございます」と言う。
・エレベーターのドアの付近にいたから、住民の方が降りるまで開くのボタンを押していた。
・道に広がって歩いていた小学生に注意をする。
はい、駅に到着です。

これらは親切心?

私の中ではこれは「マナー」です。

「おはようございます」という事も、ドアの近くに立ったら最後に降りる事も、小学生に注意する事も、ぜーんぶマナーです。

でもでも、「おはようございます」を眠たそうに言うのではなく、にこっと笑顔を付けたらどうでしょう?、言われた人は少し嬉しくなると思いませんか。

エレベータを開けている間に「いってらっしゃい」って言ったら?これもちょっと嬉しくなる。

道を占領して歩いている小学生に「道を開けて歩こうね」と優しく言ったら?次の日はちゃんと広がらずに歩いているかもしれない。

マナーに優しさを加えたら親切心になるって想いませんか?

そう考えたらいつでもできますね。


皆様も明日の朝は、笑顔でおはようございますと言ってくださいね。

誰かの一日がきっと幸せになるはず。。。。



今日の標語  『少しの優しさが親切心を生む』   作 山口七重

2015年11月9日月曜日

親切の基本は挨拶から

こんにちは。多摩相談室の鈴木です。
今日、朝から気分が良いです。
なぜなら...親切にされたから。

私が住んでいるマンションでは、
挨拶が飛び交います。
子供から ご高齢の方まで。

エレベーターの中には
気持ちの良い挨拶をしましょう。
という張り紙も貼られています。
そのためか??すれ違う方は皆
自然と挨拶をしています。
子供も多いので元気な挨拶をして
くれる子供の影響もあるのかも
しれませんね!

今朝、雨が降りそうだな~。
と思いつつ、出るころには
うっかり。傘を持たずに家を出てしまいました。
そんな時、エレベーターで待っていると。
同じフロアに住んでいるおじさんが
「傘、持ちましたか?今日は雨が降りますよ。」
と声をかけてくださいました。
慌てて取りに戻る私....。
傘を持ってエレベーターに戻ると、
先ほどのおじさんが開閉ボタンを押して
開けて待っていてくれました。
なんて、親切なお方....(/_;)
エレベーターの中では他愛もない話をし
最後には「行ってらっしゃーい。気を付けて。」と
声をかけてくださいました。


・・・おかげで、雨にも濡れず今日は家に帰る
事ができます。
御礼を言いたいけれど...次はいつ会えるかしら。

朝から親切にされると、一日が気持ちよく過ごせますね。
こういった親切は日頃の挨拶から始まるんだろうな。
とふと思いました。
私も自然と周りに親切が出来るよう、
日頃の挨拶をしっかり行って行きたいと感じました。

2015年11月6日金曜日

電車の中で

多摩センター駅前♪イトーヨーカドー丘の上プラザ4階
多摩相談室の廣瀬です。

ある日の電車内。

私の隣には、制服姿の女の子が座っていました。
座席の左端に座る彼女は、壁に寄りかかりぐっすりと眠っています。
部活動の帰りでしょうか。
駅に着いてドアが開こうが、人が乗り降りしようが、微動だにしません。

とうとう電車は終点の駅に到着。
案の状、彼女は壁に寄りかかったまま、ぐっすりと眠っています。

トントントン

肩をたたく私。
女の子はぱっと目が覚めキョロキョロと周りを見渡します。

その場を立ち去る際、ある女性と目が合いました。
お互いに、にこっと笑います。

「ずいぶんと、疲れているみたいだったわねぇ」

その女性は、私のななめ前に座っていた女性です。
実は、私が肩をたたこうと動き始めたとき、その女性も席をたち
女の子を起こそうとしていたのでした。

「部活帰りですかねぇ」

文章にすると長いように感じますが、実際はほんの10秒ほど。
この10秒で、心が通じ合ったような、
なんだかほっこりとした気持ちになることができました。