2016年3月27日日曜日

この時期に思うこと

神奈川相談室の髙橋です。

皆さんいかがお過ごしですが?徐々に暖かくなり桜も開花しそうです!
楽しみですね。

私はこの時期になると思うことがあります。

以前ホームで介護職をしていた頃、男性のご入居者様と桜を見に行く
ことがありました。いくつかの疾患を抱えられており、あまりお話しもされず
物静かな印象を持ってました。私も話しかけますが返答もない日も多くありました。

この日も近くの川沿いの桜を見に行きますと、その方が私に「この桜をあと何回見れるかね?」
とボソッと言われました。私は驚き返す言葉が見つかりませんでした。
ただ不思議と心が通えた感じがしました。

その後は特養に行かれたと聞いてます。

今年もお好きな桜をご覧になられることを願っております。

今は介護の現場にはおりませんが、時にはアセスメントに参加させて頂いたり、
ご入居者の目線でホームを見ることも重要だと気付きました。

これからも、相談して良かったとご本人からも言われるような相談員を目指します。


ロイヤル入居相談室
髙橋

仙台から大移動

仙台で暮らしている40代の女性からお電話をいただいたのは、去年の夏でした。
ご主人の転勤が内定して、川崎市内の新築マンションを購入しようと検討中で、
初めは不動産のご相談かとおもいながら、お話をうかがっていました。

実は、同居しているお母様のご相談でした。
難病を抱え、食事もとれず胃ろうをしていて、ほとんど寝たきりの状態です。
訪問看護やヘルパーさんたちの助けを借りながら、とはいえ、子育てもしながら
よく頑張っていらっしゃるな、という印象でした。
あまり多くは語られませんでしたが、震災の被害にも、少なからず遭われた
ようです。

遠方からのご相談は、電話やお手紙でのやりとりが中心にはなりますが、
より良い方向性を一緒に考えていくためにも、先ずは顔を合わせてお話を聞かせて
いただくことが、なにより大切で、一番の確かな近道と考えております。

なので、9月にはそごう横浜店に来店いただき、じっくり顔を合わせて、
お話をうかがい、今後の住まいのことを一緒に考えました。

同居は無理か、療養型の病床がいいのか、様々な可能性を探る中で、
24時間看護師のいる有料老人ホームへの入居を決めました。

来年の春に転居できるよう準備をすすめることにして、年を越してからは、
あっという間に、慌しく時間が過ぎ、入居に向けた具体的な日程や必要書類、
物品の揃えを確認していく中で、一番問題になったのは、仙台から川崎までの
移動手段でした。

自家用車、介護タクシー、新幹線などの選択肢があるなか、なんと入居先の
運営会社が、介護車両でお迎えに行ってくれることになりました。

ご本人やご家族にしてみれば、知らない土地への引越しは肉体的にも
精神的にも相当な負担がかかるなかで、介護専門のスタッフがそばについて
長時間の移動を見守ってもらえることは、どんなに安心なことか。

大変有難い申し出をいただき、本当に感謝です。
この場をかりて、ホームスタッフに御礼申し上げます。

実は、明日がその移動日なのです。
夜中の2時に川崎を出発して、お迎えに行っていただくようです。
どうか無事に、ご入居いただけますように。

そしてその後の暮らしが不安なくお過ごしいただけるよう、
陰ながら見守らせていただきます。


横浜相談室 
小松 剛

2016年3月26日土曜日

〝小さな親切心〟エピソード大募集♪

 神奈川ロイヤル ロイヤル入居相談室の遠藤成幸でございます。

 この3月は、寒暖の差が大きく、インフルエンザA型・B型などが急激に流行りとなり・・・などなど、皆様お身体に変わりはないでしょうか?花粉攻撃は防げているでしょうか?

 なんと・・・もしかしたら!! 今シーズン!!! ついに私も!!!!
 花粉症デビューかもしれません・・・ああぁぁぁ 喉がつらいです。

 同僚から、〔魔法のミスト〕の存在を教えてもらい実践中です。喉のつらさがじわじわと減少し・・・てくる予感がしています。
 親切な方々に囲まれて、ありがたさを実感している毎日です。

 「親切」と言えば、この〝小さな親切心〟運動もスタートしてからあっという間に時が流れ、1年以上が経過しております。
 このブログだけでも、様々な〝親切心エピソード〟が集まっております。本当に心温まるエピソードがたくさんあり、我が社の事ながら、癒されております。

 そこで!!

 こんな癒しエピソードを皆さまからもいただきたく、大々的にエピソードを募集させていただきたく、ご案内させていただきます。


〔エピソード投稿フォーム〕
http://www.royalhousing.jp/skm/wp/%E3%82%A8%E3%83%94%E3%82%BD%E3%83%BC%E3%83%89%E6%8A%95%E7%A8%BF%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%BC%E3%83%A0


 詳しくは、上記フォームをご覧ください。
 皆様からの心温まるエピソードをお待ちしております。

 採用させたいただきます方のエピソードは、次回発行の「小さな親切心運動」冊子に掲載させていただきます。

 エピソードを採用させていただきました方には、【小さな親切心運動オリジナルクオカード】をプレゼントさせていただきます。

 詳細等お知りになりたい方は、下記までお問い合わせくださいませ。
 ロイヤルハウジング(株)「小さな親切心運動委員会」
 TEL : 03-3367-1811


























 
 

2016年3月25日金曜日

声なき声に耳を傾けること


皆さんこんにちは
ロイヤル入居相談室 横浜そごう店相談員の玉井です。

今回は、施設の見学をした時のエピソードです。

 

その日は、入居検討者様とそのご家族様と一緒に見学同行させて頂きました。

施設をに2ヶ所見学の予定でしたので、朝から昼過ぎまでと長い時間です。

私は、事前に検討者様は、杖を使いながら歩行は可能との情報を頂いておりました。

1件目の施設では、歩行もスムーズで足取りも軽かったのですが、

2件目の見学時には、お疲れの様子が見て取れました。

私は、施設の方にお願いをして、車椅子をお借りし、使って頂きました。

遠慮がちで、ご自分から疲れたとは言えない性格の様で、

耳打ちで、「助かったわ、ありがとう」とおっしゃり、ニコッとされました。

 

この体験を通して、自分の想いや気持ちを言葉に表すことが苦手だったり

難しい方の、声なき声に耳を傾けることの大切さを学びました。

 

「目配り・気配り・心配り」

 

親切心の基本を常に心に留めて、行動できる自分でありたいです。

本当にほんとうにありがとうございました☆

皆様、こんにちは。
ロイヤル入居相談室 神奈川相談室の垣内です。


桜も咲き始め、色とりどりのお花が庭先を彩るようになってきました。
春はもうすぐそこですね♪



今回は私が受けた親切心についてお話ししたいと思います。


とある日の夕方、お客様から再見学の依頼を受けました。
一度ご見学されたのち、実際にお申込み・ご契約のため、改めて居室の確認をする必要があったからです。
お客様のスケジュール上、希望日は電話を受けた翌日。
急いで運営会社へスケジュール調整し、再見学をすることができることになりました。

しかし、社用車の予約がいっぱいで、お車でのご案内が難しいという現状。

悩みました。。。上長に相談しました。


すると、他部署のAさんへ掛け合ってくださり、「お客様をご案内するなら、車がなきゃ!」とすぐに車を譲ってくださったのです。
おかげでお客様をお車でご案内することができ、無事に居室の確認を済ませることができ、後日、無事にご入居されました。


急な対応にお客様からも感謝のお言葉を頂きましたが、何より私自身が上長とAさんへの感謝の気持ちでいっぱいでした。本当にありがとうございます!


今回受けたご恩を忘れずに、これからはみなさんにお返しできるように心がけて日々過ごしていきたいと思います。



まだまだ気温差のある日が続きます。体調管理が難しい時期ですので、皆さま、どうぞ風邪などひかない様、お気を付け下さい。



そして、そごう店ないも色とりどりのお花が飾られ、華やかに変身しました!
皆さまぜひ、春バージョンのそごう店にお越しください♪


2016年3月14日月曜日

通勤時に、赤坂見附駅にて思う事。

 新宿相談室の長尾洋子と申します。
通勤時に赤坂見附の駅で乗り換えをしています。
目の見えない女性の方と毎朝すれ違っておりましたが、
反対方向なので、気になりながらもすれ違っていただけでした。
駅構内の工事が始まり警備員さんが毎日誘導して下さるようになり
微笑ましく思っております。
私もそういうちょっとした心遣いを
自然に出来るようにしていきたいと思います。

車の誘導

こんにちは!
新宿相談室の横澤です!

まだまだ寒い季節が続きますが、皆様におかれましては、いかがお過ごしでしょうか。
梅の花が見ごろを迎え、その先に満開の桜が舞うシーズンが、いち早く到来しますようにと、日々願いながら、過ごしております。

さて、お話はがらりと変わりますが、当新宿相談室では、お客様のホームの見学同行にお車を使用させていただいております。

その中でも、オデッセイは、比較的大きく、人数も乗車できる車、また福祉用車として、リフトの椅子があり、お客様からも乗り心地の良さについてのお話を頂戴しております。

以前、横浜や、多摩の介護施設で働いていたときは、お客様の送迎等で、ハイエースや、キャラバンといったさらに大きな車を日々運転しておりました。

しかし、東京23区やその周辺地域は、交通量がこれまでの地域と比にならない程多く、運転については好きではあるのですが、細心の注意をはらうように、一層心掛けるようになりました。

ホームによっては、こうした交通量の多い道路に面した場所にあるものも多くあり、見学終了後、お客様をお乗せして敷地内から道路上に出る際、とても難しいことがあります。


とあるホームは、ホーム長様、入居相談員様が、毎回の見学の度に、施設の入口前の道路上に出られ、まるで、ガソリンスタンド店員さんのように、交通整理をしてくださいます。
そして、車道に出た車に対し、「ありがとうございました」と、大きな声をかけてくださいます。

お客様はこの光景にいつもさわやかなお気持ちでホームを後にすることができます。

親切な心をお持ちであるホームであることと同時に、私もこれからも車で安心して伺えるホームとなりました。

小さな親切心・・・ミニ特集

 こんにんちは、新宿店の佐野です。

最近は大した事をしておりませんので、小さなものばかり集めたミニ特集を掲載致します。

①電車内にマフラーの忘れ物があったので、乗車している周囲の方々に聞き、
 持ち主がいなかった為、駅員に届けました。

②歩道を歩いていた所、大きなビニール袋が勢いよく舞い上がりながら、
 道路に飛び出そうとしていたので、少し足早に行動し拾い上げゴミ箱に捨てました。

③以前にも話をした事がありますが、「もしかしたら困っているかもしれない!」っという方に
 「大丈夫ですか?」の一声を心掛けており、今までなかなか親切行動に結び付かなかった
 のですが、やっと「お願いします」という方に出会いました。
 道路脇の少し階段がある場所で、ご高齢の男性の方が奥様と思われる方に
 車椅子へ移乗する場面で、少しだけ支えるお手伝いをして「ありがとう」と言ってもらいました。

2016年3月13日日曜日

小さな「社会貢献」

こんにちは。
新宿相談室 岡です。

弊社社員全員で取り組んでいるこの「小さな親切心運動」。
この運動には、「~しよう 10ゕ条」というものがあります。

その10番目は
「常に社会貢献とは何かを考えて真摯にスマートに行動しよう」
というものです。
自分にとって、実行可能な社会貢献ってなんだろう・・・という事を考えたときに、
子供の頃にの母親がとった行動を思い出しました。

小学生の頃、母親と一緒に歩いていた時の出来事です。
母と話しながら歩いていると、母が突然道端に落ちていた空き缶を拾い、近くのゴミ箱に捨てたのです。
子供ながら、お母さんは偉いなーと思った事を覚えています。
これって、たいした事じゃないかもしれないけど、小さな社会貢献って言ってもいいのではないかと思います。

難しいことは出来ないけど、これなら出来る。
と、いうことで、私は本日から、
「通勤途中の自宅から最寄駅の途中で必ず一つはごみを拾い捨てる」
という事を実行していきたいと思います。

2016年3月12日土曜日

うがい薬

新宿相談室の岡村です。

皆様、お元気でしょうか?今年の冬も暖冬とは言うものの寒かったですね。

いつも私は毎年のように冬はインフルエンザにかかったり、ノロウイルスに感染したりと体調を崩して散々です。去年も予防接種をしたのにインフルエンザにかかってます(>_<)

しかし今年は風邪すらひきませんでした。要因を考えてみると、親切心運動で新宿相談室の皆さんが考えて設置して下さったうがい薬が良かったのかもしれません。

私は出勤時と帰社時には、必ずうがい手洗いを徹底しておりました。その効果が出たのかもしれません。新宿相談室の皆さんありがとうございました!!

天気予報によると来週の水曜日からは大分暖かくなってくるそうです。もうコートはいらないそうです。
が、これからは花粉が大変です。花粉症の方は大変ですね。

私は鼻や目には来ないのですが、皮膚に来るタイプで、花粉で顔ががかゆくなったり、荒れたりします。今年からは顔に花粉よけのスプレーをすることにしました。

皆様におかれましても十分な対策をしてください!!


「できること」を増やしていこう!

寒さも峠を越してきたように感じる今日この頃ですが、皆様いかがお過ごしでしょうか。
新宿相談室 相談員 遊佐でございます。

実は、新宿相談室はロイヤルハウジング本社の朝礼に毎朝参加しております。
その朝礼時には、毎日その日の朝礼当番が【小さな親切心】エピソードを発表し、10箇条にわたる親切心運動の心得について全員で唱和する、ということが行われております。

毎日の発表を聞いていて最近特に思うのが、この活動に取り組み始めたことで、今までであったら恥ずかしさやなにかで行動することが出来なかったようなこと(たとえば電車で席をゆずったり、困っていそうな人がいたら、必要ないかもしれないけれどもとりあえずお声をかけてみよう、というようなことであったりと、本当に小さな親切心という言葉がぴったりな行為であることが多いのですが)に対して、私を含め、どの社員も実際の行動を起こすことが出来るようになってきたんだなあ、ということです。
誰も何もしなくとも、何とかはなるだろうということが見て取れるような小さな困りごとに直面している人に、実際に行動すればより良い結果になるかもしれない、ということが、「わかる」ではなく「できる」ようになってきた、と言えばよいのでしょうか。
そして、「できる」ようになってくると、どうやらもっとこうしたら良いのでは?というような創意工夫が湧いてくるようだということも感じています。

日々の生活の中での気づきを大切にして、「できる」ことを増やしていくことでもっともっと良くしていけることはきっとたくさんあるのだと、毎朝朝礼に参加するたびに実感しています。
私も「できること」をどんどん増やしていきたいと思います。

2016年3月1日火曜日

「オール多摩!健幸甲子園」

多摩相談室の廣瀬です。
先日、多摩市の地域の方々関わるイベント「第一回 オール多摩!健幸甲子園」のお手伝いに行ってまいりました!
IMG_6764.JPG
「健幸甲子園」は、医療・介護・福祉・健康にかかわる方々と地域社会の連携強化の為、多摩市内で活動する団体の発表、交流の場として、多摩市医師会長が発起人となり開催されたものです。当日は21団体が発表、13団体がパネルを展示。恥ずかしながら、存じ上げていなかった団体さんも多数ありました。多摩市内は多摩ニュータウンという特性もあってか、市民活動・地域活動が盛んな地域だそうです。
IMG_6824.JPGIMG_6785.JPGIMG_6793.JPGIMG_6797.JPG
個人的に印象に残っているのは、団地の自治会の方のお話でした。団地内にはお一人暮らしの高齢の方が多数いることから、ご希望の方には、緊急時に備え、生活の様子やお身体の状況が分かる書式を用意し、自治会で管理をされているそうです。東日本大震災の際は、その書類を元に、自治会で安否確認を行えたのこと。これは地域包括ケアのモデルケースと言えるのではないでしょうか。
IMG_6893.JPG
観客の皆様にアンケートをご記入頂き、表彰式も行われました。表彰状を手に、最後に記念撮影。
「健幸甲子園」はまだはじまったばかり。42年前、多摩市永山で産声をあげた企業として、多摩市の皆様の活動に少しでも貢献できればと思っております。来年の開催にも期待大です!!