2016年7月21日木曜日

妊婦さん

皆さん、こんにちは! 多摩相談室の出原です。
私は常日頃から、優しくしようと思っているものが
あります。

それは・・・・

「地球、猫、妊婦」です。

特に「妊婦さん」を見かけたら、お手伝いをすうように
しています。

そう思うきっかけは・・・・・
妻が妊娠していた時に、見ず知らずの方に、たくさん
お手伝いを頂いていたからです。

これは今後、お返ししなければいけないないと思い、
現在も、妊婦さんが困っている状況や、電車で立っている
時など、席を譲ったりしています。

友人にこの話をしたら、「俺もそうしてる」
と言ってました。

皆が生まれてくる子供を願い、親切の輪が拡がっていけば
良いですね・・・・

もっと、もっと住みよい社会となるように願っています。


出原 彰徳






2016年7月18日月曜日

TAMAみまもり隊~地域の見守りサポーター~

私たち多摩相談室のあるイトーヨーカドーには、
当社グループの「ロイヤルハウジング 丘の上プラザ店」があります。
ロイヤルハウジングでは、一般賃貸の他、UR(旧公団)もご紹介しています。
当相談室では、ロイヤルハウジングとも連携をとり、
お客様のご状況によってはURをおすすめすることもあります。
数カ月ほど前対応した方も、賃貸担当と共に訪問面談でご提案に伺い、
URにご入居された方でした。

ある日、事務さんよりこんな話を伺いました。 
「廣瀬さんが対応したお客様のお部屋のドアに、新聞が溜まっているみたい。」
私は、どきっとしました。
お客様は持病をお持ちで、お住み替え前のご自宅で倒れたこともあったからです。
まずは事実確認。
現時点でも新聞紙があるかどうか確認すると、まだ新聞は挟まったままです。
万が一を考え、娘様にご連絡、ご不在かどうか伺ったところ・・・
ご入院をされているとのことでした。
本当に、本当に、よかった・・・
かかわった全員が、ほっと肩をなでおろしました。

実は、新聞がはさまった状況を当社にお知らせ頂いたのは、
賃貸担当のご親戚の方でした。
たまたま同じ階にお住まいで、何かあったのではないかと心配になったそうです。
もしかしたらロイヤルのお客様なのではないか!?と賃貸担当に連絡。
そこから事務さん→私と話が伝わったのでした。

もし、お部屋で倒れていらっしゃる状況だったら・・・。
もし、同じフロアの方が賃貸担当に連絡をしていなかったら・・・。
もし、事務さんが私に話をしていなかったら・・・。
一人ひとりの気づきと連携の大切さを痛感したできごとでした。

高齢化が急速にすすむ現在、ご高齢の方の「地域による見守り」の必要性が説かれています。
「地域による見守り」とは、日常生活の中で「何かおかしい」「いつもと違う」
と感じたら、専門機関に相談しよう!というものです。
実は先日、多摩市が取り組む「TAMAみまもり隊 見守りサポーター養成研修」を受講しました。
多摩市では、「地域による見守り」をする方々をTAMAみまもり隊と呼び、
ご高齢の方を支える地域づくりに力を入れています。


大切なことは、「異変への気づき」。
これからも、ご高齢の方をサポートする地域の一人として、行動をしてまいります。

ロイヤル入居相談室
多摩相談室
廣瀬

お食事

こんにちは。
サービス付き高齢者向け住宅チームの山口です。
今日はわたしが担当している
「桜山ハイム結生弐番館」での出来事です。


8月から入居開始の結生弐番館ですが、
まだ、お食事のご用意ができないこともあり、
既存の「桜山ハイム結生」でご見学の際は
お食事の試食をしていただいております。
こちらのお食事は板長さん自ら築地で新鮮な魚を仕入れて
調理されています。
入居者様やご家族様からもすごく評判のいいお食事です。

先日5か所の物件を見学されている80代T様女性が、
色々見すぎて決めかねていたとき、わたしは場所的にはあまり乗り気でなかったT様
「景色もいいし、お食事もおいしいですよ。」と言って結生の見学に至ったのですが、
ご見学の際、
「これから何年生きるかわからないですが、一生お世話になるお食事です。
美味しくなければ、はっきりと言わせていただきます。」
と、少々怖いお言葉を頂いていましたが、召し上がった後
T様から笑顔がこぼれてきました。
「こんなおいしいお食事をずっと食べていきたいわ。」
と、結生のスタッフもわたしもとてもうれしい気分になりました。
8月からT様は入居に向けて今はお荷物の整理をしています。
本当は横浜市内をご希望されていましたが、
今は入居を楽しみにしてくださっているので、わたしも楽しみです。
きっかけは様々ですが、住替えの際はやはり
お食事が一番ポイントになるのでは?と思いました。


「桜山ハイム結生弐番館」では、8月からお食事付きでの見学ができます。
みなさままだ、結生にお越しでいない方は是非ご見学してみてください。
お待ちしております。


2016年7月17日日曜日


とても優しくしてくれる人に
なぜそんなに優しくしてくださるんですか?と尋ねたら、
あなたが優しくしてくれるからですよ。と返ってきました。
その方が優しく接してくださるから、自然と優しい対応になっていたのだと思います。
 
親切にしてくださる方には親切にしたいし、優しくされたら優しくしたい。
親切の輪は途切れる事はないと実感しました(*´з`)
 
 
 サービス付き高齢者向け住宅募集センター
馬場 優子

お客様より突然の手紙

とても、とても嬉しかったこと、感激したことがありました。
去年の夏にサービス付き高齢者向け住宅をお世話をし、入居した方からでした。

何があったのかとドキドキで封を開けました。

お手紙には、元気で暮らしていること、入居した直後に体調を崩されたこと。
入居先のスタッフがとても親切だった事。などなど・・・・・・・・

何よりも、私と1度しかお逢いしていないのに、私の事を覚えていた事でした。

相談者の娘さんとは何度かお会いし、電話連絡をさせて頂いていましたが、
お母様とは1度お逢いしただけでした。
ご案内した、サービツ付高齢者向け住宅をとても気に入って頂き、見学時に申し込みと
なった方でした。

入居後、様子を伺いに行こうと何度も思いましたが、1度しかお逢いしていないので、私の事は忘れてしまっているだろうと思い、伺っていませんでした。それなのに・・・・・・・
私に逢おうと何度も”そごう”に行ったが留守で会う事が出来なかったと、それでお手紙を書いて頂いてくれたそうでした。

私の紹介先をとても気に入って頂き、良い所を紹介してくれたと、
本当に感謝していると、私と出会えたおかげだと、感謝の言葉が綴られていました。

そごうに来店される前、他の紹介センターに行ったが、老人ホームばかりの紹介で1度見学に行き
ショックを受けたと、それからは高齢者向けの住宅の見学に行く気が無くなってしまった。

そんな話を聞いたので、普通のマンションタイプで看取り迄やって頂ける、自立~要介護の重い方まで受け入れOKなところをご紹介させて頂きました。

見学当日、こんな素敵なところがあったのかと、ものすごく感激され、喜んで頂け、まさかの申し込みとなった方でした。

お客様は私に感謝をしてくださっていますが、私はそこの介護スタッフの方たちのおかげだと思っています。私こそ、スタッフさん達に感謝です。
心から暖かいお世話をありがとうと思いました。

それと一度しかお逢いしていないのに私の事を覚えていてくれた事にとても感激致しました。

涙が出できました・・・・( ;∀;)
近いうちに逢いにいこ~と思いました。

本当に嬉しかった~~  お話しでした。


                                神奈川ロイヤル 梅村 絹代


素直な心であり続けましょう

こんにちは、遠藤です。

もうすぐ梅雨も明け、夏になっていきますね。


今回のブログは先日帰宅途中の電車で起きたことを載せたいと思います。




あれは週の真ん中、水曜日、時刻は20時30分くらい、

周りを見渡すとサラリーマンが多く、みなさん座っている人は疲れ切った表情を

していました。



出発の時刻になって、電車のドアが閉まる直前、

あれは80歳くらいでしょうか、少々腰が曲がった

おばあちゃんが乗ってきました。


しかし、座っている大人たちは皆、そのおばあちゃんを一目見ると、

寝たふりに入りました。


・・・・・



そんな時です、

7掛けのシートに小学生の男の子が一人座っていたのですが、

そのおばあちゃんに「座って下さい。」と席を譲ってみせました。

おばあちゃんは「ありがとう。」とお礼を言って

「お礼にこれあげる」と

男の子に飴を渡しました。

男の子は「ありがとう、でも当たり前のことをしただけだよ?」

と不思議そうな顔をして、もらった飴を口に入れました。


そんな光景を目にした、僕は男の子が言った「当たり前のことをしただけだよ?」

という言葉が心にとても響きました。

素直な心であり続けましょう。

まさにそう思った瞬間でした。



遠藤 樹夫

落ち込んだ時は・・・

こんにちは!
サービス付き高齢者向け住宅担当の和田です!

誰でもみなさん落ち込むことってありますよね?
そんな時の対処法は、
お酒を飲んだり。
歌を歌ったり。
ドライブに行ったり。
仕事に打ち込んだり。
いろいろありますが、
私は最近新しい対処法を発見しました!

それは、仲間に励ましてもらうことです!

なんとも他力本願で、人任せでけしからん!と
お叱りを受けそうですが、一番効果があるんですよね。

実は先日、それを実感することがありました。
落ち込んで、気の利いた返事もできない人に話すのって、
大変ですよね。
そんな私を励まそうと盛り上げてくれる仲間に感謝です!
自分も誰かが落ち込んでいたら励まさなくちゃいけませんね!

サ高住チーム 和田

チョコレート!!!


 
 
はじめまして!
 
サービス付き高齢者向け住宅募集センターの永嶋です。
 
入社したばかりで日が浅く、至らない点が多々ありますが、日々努力しています。
 
 
************************************************************************
 
 
私はチョコレートが大好きです!!!
 
 
サ高住グループの方々は、私が落ち込んでいる時にはチョコレートをくださり、
 
頑張った時にもチョコレートをくださり、何もなくてもチョコレートをくださります。
 
 
今日もチョコレートで元気をもらっています!
 
 
 
皆様も是非、横浜そごう9階にお越し下さい。
 
美味しいチョコレートが食べられるかもしれません!
 
 
************************************************************************

                                                                                                                       サ高住 永嶋

あたたかな輪の中で。

はじめまして。
神奈川ロイヤルに入社したての伊藤と申します。
今、一から、サービス付き高齢者向け住宅について学ばせて頂き、
この横浜や周辺地域に関しての情報収集に努めております。

私は、このロイヤルクループで、これまでもお世話になっており
熱海にあるロイヤルリゾートにて、伊豆エリアの不動産仲介を行っておりました。
このたび、新たな環境の中で、人生の先輩方のお住まいを一緒に探すお手伝い
ができることをとても嬉しく有り難く、感謝の気持ちでいっぱいです。

新たな出発をあたたかく応援し、送り出しててくださった、多くのお客様や熱海店のみなさん、
そして、ここ横浜で、あたたかく受け入れてご指導くださっている、神奈川ロイヤルのみなさん、
全て繋がっている輪の中で、私自身が存在している気がしております。

親切な心とは、なんたるか。この問いかけは、シチュエーションによって様々な答えがあります。
今思うひとつの答えは、「かかわる相手の心の琴線に触れられること。」
そのことを心の真ん中にしっかりと固定させて
これからのお仕事、新たな方々との関わりの中で、多くを学び
多くをお伝えしていきたいと思っております。


こちらで、一人前になれるよう一生懸命頑張ります。
今後、どうぞよろしくお願いいたします。

サ高住チーム 伊藤




2016年7月16日土曜日

愛情がこもったお食事をご提供するサービス付き高齢者向け住宅

こんにんちわ。サービス付き高齢者向け住宅担当の星野です。
先日、横浜市港南区のサービス付き高齢者向け住宅「横浜ベイテラス港南中央」にて、
食事付き見学会を開催しました。

「横浜ベイテラス港南中央」は、特にお食事がおいしいサービス付き高齢者向け住宅です。
私も何百件のサービス付き高齢者向け住宅のお食事を頂いたことがありますが、
ここは格別です。
食材も現地スタッフの方々が手配し、手作りのお食事をご提供してくださり、
作っている人の愛情がとても伝わるのです。

今回の食事付き見学会にご参加された方へ、特性の「梅ジュース」をご提供してくださいました。
実はこの梅も、現地スタッフの方のお庭になっている梅で作った手作りジュースです。
決して豪華な食事ではないのですが、愛情がこもっていれば、その愛情がご入居者様にも伝わります。
それはいつも笑顔で楽しくご生活をされている、「横浜ベイテラス港南中央」にお住まいのご入居者様の表情からもよくわかり、とても素敵な雰囲気です。



提供しているお食事の写真です。
食堂ラウンジが建物内にあり、
ご希望に応じてお食事を食べることができます。
11:30~14:30はご近所の方へもレストランとして開放していて、
常連のお客様も多いです。






神奈川ロイヤル株式会社
サービス付き高齢者向け住宅 星野 千鶴



小さな小さな命の誕生

こんにちは!
サービス付き高齢者向け住宅ご案内担当の高根沢です^^

最近は暑くなったり涼しくなったりと難しい季節ですね。
体調を崩さないようにお気を付け下さい!

私ごとですが、、、
先日、甥っ子が生まれました(^O^)♪
生まれた日は、ちょうど私がお休みをいただいていたので
生まれた日に立ち会うことができました!


甥っ子が生まれた直後、
看護師さんが私たち親族に駆け寄ってきてくださり、
「まだ奥さんと赤ちゃんには会えないから、写真をお撮りします!」
と言ってくださいました。


・・・数分後
看護師さんが戻ってきて写真をみせてくださいました。
すると、なんと動画まで撮影してくださっていました!!
出産直後の貴重な映像でした・・・(;_;)
お腹にいた赤ちゃんがやっとこの世界にでてきたんだな・・・と
思うととても感慨深かったです・・・

看護師さんの、出産後に赤ちゃんと奥さんにすぐに会うことができないということで
お撮りしてくださったお気持ちがとてもうれしかったです♪

まぁ、私もついについにおばさんになってしまったのですが・・・笑
これから叔母バカになるかと思いますが、お許しください♪

サービス付き高齢者向け住宅募集センター
高根沢

2016年7月4日月曜日

おもてなしとサービスとは?


 
皆さんこんにちは。神奈川相談室の髙橋です。すっかり夏本番です!
熱中症など注意が必要な時期ですね。
 
仕事と離れますが、自宅の車を法定点検に出したときのこと。
いつも近くの某ディーラーさんにお願いしてます。事前に予約を済ませ
車で店舗に入ると、まずは店内スタッフ全員が立ち上がり挨拶、近くの方が走って
出てきて誘導をしてくれました。待ち時間も声掛けを忘れず、飲み物のお代わりや
雑誌を持ってくるなど、常に気をかけてくれる感じが心地よく感じられました。
 
今回はディーラーさんの例でしたが、様々な業種で≪おもてなしの心≫持ち
接客されている方々も多くいます。私共もしっかり出来ているか考えさせられました。
 
≪おもてなし≫は相手を想って初めてできること。
『小さな親切心運動』基本の考えとも私は思ってます。
 
 今後も 『来店して良かった!』と思っていただける店舗を目指して参ります。
 
 
ロイヤル入居相談室
神奈川相談室 髙橋
 

宣伝部長誕生!

茅ヶ崎で40年以上暮らしてきたご夫婦が、自宅を売却して、高齢者ホームに住みかえをしたい、という相談をお受けしたのが、2年前の秋でした。いくつか候補がある中で、相模原の施設を気に入っていただき、90歳を超えての大きな決断で、引っ越しも大変でしたが、無事、年明けに入居されました。
近くに桜の名所もあることから、お花見がてら、様子をうかがいに訪ねた際は、とてもお元気で、快適に暮らせているよ、と笑顔で話してくれました。

その後しばらく訪問する機会がなかったのですが、今年の春過ぎに、ホームでの野外イベントがあり、ホーム長さんから何度もお誘いいただき、久しぶりに訪ねることができました。
開会式めいたことから始まったのですが、いきなりご主人が入居者代表で挨拶し始めたことに驚かされ、相変わらず元気に過ごしていただいていることが、とても嬉しかったです。
ここは親切な支配人とスタッフがたくさんいて、とてもいいホームなのに、まだまだ空室があり、もっともっと小松さんが宣伝しなくちゃダメだよ、とはっぱをかけられました。
後に支配人から聞いた話ですが、ご主人は地域の福祉の勉強会に定期的に参加し、ホームの広報活動に積極的に関与してくれているそうで、間違いなく、ウチの宣伝部長です!と嬉しそうに教えてくれました。

茅ヶ崎を離れた寂しさはいまだに心に残っているようでしたが、それ以上の生きがいや楽しみを見つけられたご主人の表情はとても晴れやかなものでした。奥様も新しいお友達と毎日カラオケや散歩を楽しんでいるそうです。

全ての方がこんな風にはいかない現実もありますが、その方の人生がより豊かなものになっていただけるよう、様々な関係者の協力も得ながら、これからもたくさんのご相談にのらせていただきたいと思っています。


横浜相談室
小松

2016年7月3日日曜日

〝小さな親切心運動〟冊子第3弾!発刊しました♪

久しぶりの登場です。神奈川ロイヤル ロイヤル入居相談室の遠藤成幸でございます。

皆様待望の〝小さな親切心運動〟冊子第3弾が発刊されました♪
今回は、これまで以上に盛りだくさん。心あたたまるエピソードから、ロイヤルグループ各店の取り組みなど、ほっこりしていただける充実の完成度です。





「なんだか見てみたいなぁ・・・」と少しでも思った方は、迷わずご連絡ください。在庫がある限りご提供させていただきます。

前回に引き続き、この素晴らしい取り組みは皆様と共有できると更に素晴らしいものになっていくだろうと強く思っているこの頃です。
そして、この冊子・・・なんと・・・第4弾の予定もございます!!

そこで・・・またまた・・・

〝心〟あたたまるエピソードを大募集させていただきたいと思います。






詳しくは、上記フォームをご覧ください。
皆様からの心温まるエピソードをお待ちしております。

採用させたいただきます方のエピソードは、次回発行の「小さな親切心運動」冊子に掲載させていただきます。

エピソードを採用させていただきました方には、【小さな親切心運動オリジナルクオカード】をプレゼントさせていただきます。

 詳細等お知りになりたい方は、下記までお問い合わせくださいませ。
 ロイヤルハウジング(株)「小さな親切心運動委員会」
 TEL : 03-3367-1811


2016年7月2日土曜日

感謝申し上げます

横浜相談室の横澤 孝洋です。

先日、ご家族様とホームの見学に行き、ほぼここで決定ではあるが、後日、入居ご本人様を最終的にお連れしたいというご要望いただきました。
ご本人様は、長距離移動は難しく、自宅近くまで、車で迎えに行かせていただくこととしました。
ご家族様に住所を教えていただいたが、「車でわかりづらい場所なので、大通り沿いで待っています」とお話しくださいました。
当日の朝、集合時間よりも30分ほど早めに到着すると、既にご家族様が大通り沿いで私を待っていてくださった。
申し訳なさも勿論ありますが、とても嬉しく感じました。

海沿いの、車通りの県道で、風の強い日でした。

確かに、ご家族様がおられなければ、とてもわからないような場所にご自宅へとつながる道がありました。

その後は、狭い道なので、車の一時止められる場所で待機させていただき、無事ご本人様を見学へお連れすることができました。

その日の見学が無事に完了しましたのも、すべては、朝の道誘導があったからです。

本当にありがとうございました。

退去の理由とは・・・

皆様、こんにちは。
ロイヤル入居相談室、横浜相談室の玉井です。

私が担当させて頂き、ある施設にご入居されたお客様のお話です。
施設にご入居をされ、1ヶ月半程で、退去するというご連絡を頂きました。
私はビックリし、ご家族様に退去の理由を尋ねると、以外にも嬉しい言葉が返ってきました。

「とても元気になったので、家に戻ることになりました。」

施設にご入居を検討していた理由として、足腰が弱くなり、お独りで生活をするのが不安
とのことでしたが、施設での生活リハビリと、個別の機能訓練にて、歩行が見違えるほど
安定されたとのことでした。しっかりとしたリハビリが行われていた証拠です。

「また家に帰って生活がしたい・・・」ご本人様の思いが実現されたのです。

お独りでの生活が再び困難になった時には、また相談したいとのお言葉も頂きました。
ご本人様、ご家族様が、何を望まれているののか、大切にされているのかを、
しっかりと見極めて、ご提案させて頂くことの大切さを改めて考えさせられました。

お一人お一人のご相談に対して、しっかりと寄り添える相談員になる為に
日々、精進してまいります。


横浜相談室  玉井 暁人

サプライズ訪問!!

新宿相談室の岡です。

先日、自分が担当させて頂きホームに入居された方へ会いに行ったさいのことです。

実は、訪問当日がご本人様の「誕生日」。
訪問することは、ご本人様はもちろんホームにも伝えず、いわゆるサプライズで伺いました。
到着時、ご本人様は食堂で昼食を召し上がっておられました。
普通にご挨拶するのでは、ちょっと面白くないかなと思い、
食事後、部屋に戻る途中の廊下で、エレベータの死角から
「ひょい」っという感じで“登場”しました(もちろん、びっくりさせない程度の距離感で、です)。
ご本人様は、私を確認すると、眼を丸くさせ驚き、
「おおー。岡さん!!来てくれたんだー。うれしいなー。」
と、とても喜んでくださいました。

部屋に入り、本人の大好きなコーヒーで乾杯し、買ってきたケーキを一緒に食べました。
ご本人様は「ひとり寂しい誕生日になると思ってたんだよ・・・」とポツリとおっしゃいました。
この方には、ご家族・近親の方がいらっしゃらないので、
そんな風に言って頂き、やや複雑な想いもありましたが、来てよかったと心から思いました。

最後に、事前に撮っておいた写真を入れた写真立てをプレゼントしました。
これにも、とても喜んでくださいました。
「また、来てくれよな!」とおっしゃって頂き、
「もちろんです!!」
と、固い握手を交わし、ホームをあとにしました。

私自身も、とても心が温かくなる一日になりました。



嬉しかった贈り物


皆様、こんにちは。

ロイヤル入居相談室 横浜相談室の垣内です。

 

早いもので、もう7月ですね。これから暑い、暑い夏が来ると思うとなんだか気持ちも重くなりますが、大好きな花火大会と夏空とスイカを楽しみに、夏バテせずに乗り越えたいと思います!

 

今回は運営会社さんから届いた優しさいっぱいの贈り物のお話しです。

横浜相談室のパンフレット在庫が残り少なくなってきたので、発注をお願いしていたのですが、届いた封筒の中に、依頼していたパンフレットとともに、お手紙が。。。

その中には、先月ご入居に携わらせて頂いたお客様の生活のご様子と、素敵な笑顔の写真が2枚。文字だけでは計り知れないものが写真から伝わってきました。
 
施設長さんのお人柄と心配りに感動し、お客様の写真を拝見して、なんだかとても心が温かくなりました。

 

ほんの少しの配慮と工夫が、こんなにも人を幸せな気持ちにさせるんだと改めて感じることが出来ました。私もそんな素敵な心配りのできる人になりたいなと思います。

 
 
~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*~*
 

 

これからいよいよ夏本番です!

皆さんも夏バテ・熱中症にはくれぐれもご注意して、楽しい夏をお過ごしください。