2016年12月21日水曜日

素敵な情景に感激!

新宿相談室 岡です。

先日、お客様の入居をお手伝いさせて頂いた時のお話です。

元々特別養護老人ホームに入居されていた方で、体調を崩され入院となってしまいました。
体調は徐々に回復されましたが、身体状況を考えると、元々いた特養に戻るという事が困難な状況となってしまいました。
ご家族様としても、住み慣れた特養に戻る事をご希望されていたのですが、それは叶わなくなってしまいました。
入院先のソーシャルワーカー様から、今まで入居されていた特養には戻る事は難しいので、新たな住み替え先選定のご相談を頂き、ホーム選定、見学同行、入居支援とお手伝いさせて頂く事になりました。
ホームを選定し、ご家族様と一緒に見学同行を実施し、あとはご本人様の入居当日の移動支援です。
ご本人様の入居当日、病院でご家族様と待ち合わせし、ご本人様の移動を、弊社の車で私が運転し実施させて頂きました。
病院から新しい住み替え先のホームへ。
車を走らせる車中で、何気なくご家族様と元々入居されていた特養のお話しになりました。
そこで、「はっ」と考えました。
「特養に寄って行けばご本人様もご家族様も喜んで頂けるかも!!」と。
ご家族に、「特養、寄って行きませんか」とお話しさせて頂くと、恐縮されながら
「いいんですか?ありがとうございます。本人もきっと喜びます」
「任せてください!!行きましょう」
と、少しだけ寄り道をすることになりました。
特養に到着し、ケアマネージャー様に事情を説明しご挨拶させて頂きました。
すると、突然の訪問にも関わらず、職員の方が続々と玄関先の車中までご本人様に会いに来てくださいました。
ご本人様は、意思疎通がやや困難な状態ですが、職員の方はひとりひとりが代わる代わる本人の手を握りながらご挨拶をされ、別れを偲んでくれました。
みんなで本人を囲んで笑顔で写真を撮るなど、それはそれはとても素敵な情景で、ひとり隅っこで感激してしまいました。


















その後、後ろ髪をひかれる思いで特養を後にし、住み替え先のホームに無事到着し、ご本人様の移動を完遂いたしました。

ご家族様にも感謝され、このような素敵な場面にも関われるこの仕事に感謝です。


最後に
社会福祉法人奉優会「特別養護老人ホーム 等々力の家」様 
突然の訪問にも関わらず、本当に素敵な対応有難うございました。

※写真の掲載は「等々力の家様」「ご家族様」に了承を得ております。