2017年12月28日木曜日

年の瀬の親切心


横浜相談室から森玲子です。
皆さんこんにちは!


今年もいよいよ終わりですね。年々、1年が過ぎ去るスピードが増していくことにびっくりです。今までは会うたびに子供の話で盛り上がっていた同級生とも、最近では自分たちの病気と老後の話でもちきりの切ない年齢になりました。

私自身も今年の夏は数年ぶりに体調を崩したり(あらやだ更年期?!)、急に視力が下がったり(あらやだ老眼?!)自身の健康について深く考える一年になりました。

 

そんな私が、先日朝の満員電車で新宿に向かう途中の出来事。

ギュウギュウの電車の中で、隣に立っていた若い女性が何やらフラフラ。「調子が悪いのかな?」と思いながら気にしていると電車が大きく揺れた瞬間身体がぐにゃりと大きくバランスを崩しました。

とっさに隣から体を支え「大丈夫?」と声をかけると同時に、目の前に座っていた男性が立ち上がり席を譲ってくれました。反対側に立っていた若い女の子も一緒に身体を支えてくれ、私が「次の駅で一旦降りましょう」と声をかけていると、「お水を飲んだ方がいいかもしれないですね。」とカバンから小銭入れを出してスタンバイ。

数分後に到着した駅で、体を支えながら一緒に途中下車すると、扉近くに立っていて一番にホームに降りた男性が駅員さんを呼んで下さり、すぐに車いすを持った女性駅員さんも駆けつけて下さいました。

すし詰め状態のラッシュの中、先を急ぐであろう通りすがりの通勤途中の人たちが、それぞれに思いやりの行動を繋いでいく姿を見て、

「みんな親切でやさしいなぁ」

と温かい気持ちになった出来事でした。小さな親切大きな感謝!2018年も頑張ります!!

 

新しい年が皆様にとって幸せ多き一年でありますよう!

どうぞよいお年をお迎えください!