2018年2月15日木曜日

何も起こらなかったのが幸い

こんにちは。
大宮相談室の川合です。

冬季オリンピックも始まり、毎日結果が気になる今日この頃です。
平昌は大変気温が低く、極寒の中で行われているそうですが、現地は雪があまり降らないそうですね。
昨日ノルディック複合のクロスカントリーをテレビで見ていたのですが、
コースの雪は人工雪だそうです。
自然相手のこととは言え、人工雪でコースを作らなければならないのは、大変なことだろうと思います。

一方、日本では今シーズン雪が多いですね。
関東でも1月22日に大雪となり、特に帰宅ラッシュの時間帯は交通網にも影響が出て、大きな混乱をもたらしました。

大雪から2日後の1月24日の朝の通勤時、自宅から最寄り駅へ徒歩で向かっておりました。道路は雪が残っていたり、凍っていたりして歩きづらい状況でした。
途中、約2メートル位の長さで道路全面が凍っている所がありました。
学生やサラリーマンの方々はピョンと飛んだり、凍ってはいながらも歩けそうな所をうまく見付けて通過していましたが、その中に杖をつきながらすり足で歩いている高齢男性が目に入りました。
後ろから見て「大丈夫かなぁ」と思いましたが、声を掛けたり、身体を支えたりすると逆に危ないと思い、スッとその方の左後ろに付き、滑ったりバランスを崩すことがあればサッと手が出せるようにしました。
幸い何事もなくそこを通過されたので、男性も私の存在に気付くことなく、私もそのまま男性を追い抜いて駅に向かいました。

今回は何をしたわけではないですが、逆に何も起こらなかったことが良かった出来事です。



               
大宮駅近くの様子
(1月22日15時頃撮影)
我が家の愛犬、凛(2歳♂)は、
初めて雪の中に入りました。
(1月23日15時頃撮影)