2018年3月29日木曜日

ワンストップサービス

多摩相談室の臼井です。

桜が満開で暖かい季節となりました。当店がございます多摩センター駅近くの乞田川沿いも綺麗な桜並木となっておりにぎわっております。
桜を見ると施設で働いていた時、小金井公園や昭和記念公園へご入居者様とお花見に行ったのを思い出し、なんだか懐かしくなります。
また、私事ではございますが長女がこの春小学校に入学致します。入学式まで桜が咲き続けているよう願うばかりです。

さて、少し前の話なのですが初めてご自宅の売却を含めた有料老人ホームへの住み替えについて対応させていただきました。
対象者様は相談者の大叔母様にあたる方で都内で長らく1人暮らしをされておりました。対象者様はしっかりされてはいるもののご高齢ということもあり独居に対して不安感が強くなられ、相談者の近くの施設へ転居したい、ということでした。
月々は年金の範囲で生活し、ご自宅の売却金を入居金に充てたいというご要望でした。

最初は「老人ホームお探しガイド」よりサービス付き高齢者住宅の資料請求を何件かいただきました。その後、多摩相談室へ対象者様、相談者様がご来店くださり相談させていただきました。結果的に少し将来を見据える形で介護付き有料老人ホームへ住み替えることとなりました。

次にハウジングの担当とご自宅へ行き、査定を行い具体的な金額を出したうえで施設選びを致しました。施設に関しては場所、ご予算、ご本人がしっかりされているのでお出かけに行きやすいところ、また元気な方が多い施設などご要望をお聞きし絞り込み、実際に何度か足を運んでいただき選んでいただきました。
そこからはロイヤル、対象者様・相談者、施設の三方で連絡を取り合い最初にご相談いただいてから約3ヵ月で無事ご入居となりました。
数十年いらした家なのでお荷物が大変多く自宅の引き渡しが大変かと思われたのですが、そこもロイヤルがかかわらせて頂いておりましたので上手く調整し、施設とも足踏みをそろえスムーズに対処でき、改めてワンストップサービスの強みを感じました。

一方で私自身の不動産知識のなさを痛感した機会でもありました。もっともっと勉強せねば!と感じております。
もしご自宅の処分を含めた高齢者住宅、施設への住み替えを検討されている方がいらっしゃいましたら是非、ロイヤル入居相談室へ
お声かけ下さいませ。

多摩相談室 臼井

2018年3月28日水曜日

子供から気づかされた事

私には、2歳の息子がいます。
息子が最近、「ありがとう」という言葉の意味をしっかり理解して使うようになりました。
何かをしてもらった時に、必ず「パパありがとう」「ママありがとう」と言ってくれます。イヤイヤ期まっただ中で親の言うことを全く聞かない息子で、イライラしてしまう毎日ですが「ありがとう」と満面な笑みをして言っている息子を見ると、また息子に対して色々してあげたいと自然に思えます。
相手に何かをしてもらった時、しっかり「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えることで、伝えられた側の心が穏やかになることを息子に改めて気付かされました。

相手に何かをしてもらった時、「ありがとう」と感謝の気持ちをしっかり伝えていこうと思う出来事でした。

                                多摩相談室 植松


2018年3月27日火曜日

幻に終わったハワイからの入居

皆さん、こんにちは!
多摩相談室の出原です。
今回は、先月のご相談案件のお話をさせて頂きます。

対象者の妹様(83歳)よりご相談があり、
ハワイ在住のお兄様を日本の老人ホームに入居させたい
という内容でした。
相談者もご高齢で、どうしていいかと、困っておられました。
難しい点は、以下の通り・・・

①日本に住所がない
②帰国したい希望日まで、あと3週間
③対象者は90歳近くで、耳が悪く、電話での会話が困難
④インターネット関係はできない
⑤介護保険は未申請
⑥リウマチを患っている

結果から言いますと、一旦帰国し賃貸マンションで暮らし
ハワイの家を処分してから入居を検討することになりました。

この相談を頂いてから、2週間の間で行ったことは以下の通り・・・・

①上記の内容で受け入れ可能な施設を探す
②対象者の、日本国の本籍地から、戸籍謄本と住民票の附票を取り寄せる
③入居予定施設の市役所へ、国外からの受け入れに必要な段取りを取る
④帰国日、帰国時間、到着空港を決め、帰国時の施設までの送迎を手配する

①~③まで確定していたところで、一旦キャンセルとなりました。

今回の案件で、難しいと思っていたことでも、周りと協力すれば
実現できることがわりました。

入居にならなかったことは、残念ですが、少しでも
お役に立てたならば、満足です。

これからも誠心誠意、対応して参ります。


多摩相談室  出原

2018年3月25日日曜日

野球少年から教えられたこと

こんにちは。


昨日桜の開花が発表されましたね。
今日は天気も良く、清々しい気持ちで出勤して参りました。
今日は日曜日なので、家の近所のグラウンドで少年野球の試合を眺めながらの出勤です。
私が通りかかると、こちらにファールボールが飛んできました。
私も元野球少年、片手でキャッチして投げ返しました。(勢いのないボールだったので)
すると取りに来た子だけでなく、グラウンドにいるみんなから「ありがとうございます!!」の声が。
驚いたのとなんだか恥ずかしいのとよくわからない気持ちになりましたが、気分は良かったです。
これは店舗でも実践できると感じ、今日からまたお客様に気持ち良く帰っていただけるよう雰囲気づくりに励みます。


サ高住 和田

はじめまして。

初投稿となります。

3月2日より入社致しました「永谷博樹(ながたにひろき)」と申します。

前職は介護士として、ショートステイやグループホーム、
訪問介護といった介護業務に携わっておりました。

東京に上京して2か月と、まだまだ日は浅いですが・・
これまでたくさんのお年寄りと出会い、その中で感じてきた思いや経験を
接客で生かせるように日々勉強して参ります。



お客様とのご縁を大切に、親切心を心掛け邁進していきます。
どうぞよろしくお願いいたします。

2018年3月24日土曜日

~お元気な時からお住み替えをした2組様~

サービス付き高齢者向け住宅募集センターでは、お元気なうちからお住み替えをされたお客様の生活の様子を掲載した冊子を作成しております。2回発行をしているのですが、3回目の発行に向けて現在作成中です。今回は、もともとのご自宅をそのままにしてサービス付き高齢者向け住宅へお住み替えをされて、ご自宅とサービス付き高齢者向け住宅を行き来してご生活をされている女性の方と、ご自宅をご売却されてからお住み替えをされたご夫婦の方の2組にご協力を頂き、6月に発行をする予定です。今回の取材にあたり、2組ともに快く引き受けてくださり、お部屋やご自宅の写真を撮影させて頂きました。
この場を借りて感謝申し上げます。

こうやってお住み替え後もイキイキとご生活をしているお客様のご様子をみていると、
お住み替え後もお客様とお逢いし、楽しいお話しができることが、
この仕事に携わるなかで一番大切なことだと改めて実感します。
冊子が完成し、お客様の手元にお渡しできることが今から楽しみです。

             サービス付き高齢者向け住宅募集センター 星野 千鶴




慌ただしかったけれど・・・

先日、店頭当番の日ある電話を受けました。九州在住のご両親様のご相談でした。
ご高齢になるご両親の今後の生活をを心配されたお子様方は、思い切って『横浜の方へ住み替えしない?』とお話を持ち掛けたところ、思いの他、あっさり承諾してくれたとの事。今までは頑なに九州から離れることはないと言われていたようです。
そこから話が早く進みお電話を下さったとの事です。とにかく一日に5件ほど兄妹で見学、見学の毎日が続き、私も日程調整、ご案内、直接見学に行っていただくなど慌ただしいスケジュールを組むことになりました。
なぜそんなに急に話が進み慌てて住み替え先を探しているかと思っていましたが、実はお子様から住み替えのお話があった10日前にお父様が転倒され、お母様がもう一人では面倒を看ることがストレスになり、お母様も具合が悪くなっていたそうです。なのでお住み替えの話が出された時はとても嬉しかったそうです。
その話が進みだしてからというものお母様の体調も随分よくなり、横浜までお一人で来られるようになっていました。
お子様方もとても慌ただしいスケジュールとなりましたが、ようやく先日お引越し先も決まり皆さんホッとされました。
『あなたにはとても無理な要望ばかり言ってごめんなさいね。でも良くして頂いてあなたのいるロイヤルさんに電話してよかったわ、ありがとう』と感謝のお言葉を頂き、私も旨がいっぱいになりました。今後もご相談者様のお力になれるようなお仕事をしていきたいと思います。

ねこちゃんと暮らしたい。

こんにちは。
サ高住担当山口です。

先日お電話でお問い合わせがあった方ですが、
独居の70代女性から、ねこちゃんと暮らしていて、サ高住検討したいとの事でした。
サ高住でペットと一緒に暮らせる物件は限られてしまうので、
お探ししますと伝え、地域や予算を伺い次の日にご連絡してパンフレットを送りました。
数が少ないので中々ぴったり合う物件が見つからないのがペットと一緒に暮らしたい方の悩みですので、心配していましたが、資料が届いて、
早速見学したいと世田谷の桜新町徒歩4分にある「水車の家」を希望されました。

37㎡1Rで、お部屋にキッチン、お風呂がついていて、理想通りだと喜ばれました。
実際お部屋の確認をしていただかないと入居は出来ないと伝えて、
後日ご見学になりました。

見学時は息子様と一緒に来ていただき、申し込みまでスムーズでした。
来月にはねこちゃんと一緒に桜新町の桜が堪能できると喜ばれています。

スムーズに幸せのお手伝いが出来てよかったです。

山口

見学会でのできごと

こんにちは
サービス付き高齢者向け住宅募集センターの鈴木です

先日、「リレ府中白糸台」にて初めての見学会を開催しました。
月に一回「からだ調整体操」という地域の方も無料で参加ができる
イベントに合わせての開催でしたが、
入居者、地域の方、見学会参加者あわせて15名くらいが参加されました
私も椅子に座っての少しハードな運動を1時間ほど体験しましたが、
終了後に参加された方たちで雑談をする姿を見ることができました。

こういうイベントを通して、地域の方と入居者様が交流することを
目の当たりすることができました。

今後も、このような地域の方と交流できるような見学会を
開催していきたいと感じました。


サービス付き高齢者向け住宅募集センター
 鈴木

電話対応


こんにちわ。

私事ではありますが、4月に新しい住まいへの引っ越しを考えております。

その際今の住まいの退去の連絡をした時のお話ですが、電話に出て頂いた方は少し口調がたど

たどしく失礼ですがあまり慣れていないような印象を受けました。

一度電話が終わった後、細かい部分ですがお伝えし忘れたことがあったと2度ほどまたすぐご連絡

を頂きました。

すぐにご連絡を頂けたので安心することもできましたし、一生懸命やられているのが電話越しでも

伝わってきて自分も見習わなくてはいけないなと改めて考えさせられた出来事でした。


サービス付き高齢者向け住宅募集センター
池田拓






2018年3月23日金曜日

小さな親切心(?)

こんにちは。
サービス付き高齢者向け住宅募集センターの渡邉です。

先日、バスターミナルで白杖を持った男性が、タクシー乗り場の柵の切れ目を探せずにウロウロと戸惑っていました。
私は「タクシーに乗りますか?」と後ろから声をかけました。男性はとても驚いた様子でしたが「はい」と仰ったのでご案内しました。
「ありがとう」とタクシーに乗られましたが、驚かせてしまったことが今も気になっています。
どのように声をかけたら良かったのか、次に機会があれば聞いてみたいと思います。

2018年3月21日水曜日

ランニングご夫婦



最近、休みの日にジムに行くと

70代後半であろうご夫妻が一緒にランニングをしています。

そのご夫妻は決まった時間に来て、決まった時間走り、帰っていきます。

そのご夫妻はいつも笑顔で素敵なオーラが出ています。

そんなお二人を見ていると、

体を動かすことは、心の充実にもつながるんだなと思いました。

健康第一、いくつになってもその気持ちが大事なんだと改めて思いました。


遠藤






心に残るオリンピック観戦

ご入居者様の契約更新でご自宅を訪問した際、平昌オリンピックで男子フィギュアスケートの羽生選手の出番でした。

タイミングが悪かったなーと思っていたところ、「一緒に応援しない?オリンピックは素敵なイベントよ、お仕事中だけどもおばあちゃんのワガママにお付き合いください」と、ケーキと紅茶を用意してくださいました。

私は一つの業務として訪問しましたが、ご入居者様は私の訪問が羽生選手の出番の日であることを知り、一緒に観戦しようとをケーキを用意し、楽しみにして下さっていました。

ご入居者様のお気持ちがとても嬉しくてたまりませんでした。

その後、娘様へ手続きが完了した旨をご連絡した時に、一緒に観戦をした旨をご報告しましたところ、来訪者が年々減っていることもあり、私の訪問をとても楽しみにしていた。嬉しそうにケーキを選んでいたと聞き、しあわせな気持ちで胸がいっぱいになりました。

わたしの仕事はこんなにも人を喜ばせる事が出来ると実感しました。

そしてあの方の様な素敵なおばあちゃんを目指したいと思いました。


サービス付き高齢者向け住宅募集センター
馬場



初投稿になります。

はじめまして。
今年の2月に入社いたしました、神奈川ロイヤルサービス付き高齢者向け住宅募集センターの志田浩平(しだこうへい)と申します。
前職は福祉用具専門相談員をやらせて頂きました。そこでは介護ベッドや車いす、歩行器などの福祉用具を提供しておりました。またお客様のお住いのバリアフリー工事の提案などもしており、高齢者向け住宅自体に興味を持ち入職致しました。

まだまだ勉強不足なところが多々ありますが、「親切心」を忘れずに、安心したお住まいをご提供し、お客様の幸せのお手伝いが出来るよう努力してまいります。

お困りごとがありましたらご相談いただけると幸いです。

2018年3月11日日曜日

大切なことをお客様に教わりました。

今年4月にオープンする『ミモザ逗子樫の木苑』にお客様をご案内した時の話です。
 
恥ずかしながら、逗子はお客様の方が詳しく、案内が終わった後に逗子駅周辺をご案内して頂く格好となりました。逗子駅前にある有名な魚屋さんのこと、横浜から京急線に乗る場合は前の方に乗った方が良いなど説明して下さいました。
 
お客様と別れた後も施設のチラシを持って、周辺をウロウロしていました。すると、「そこに行くのですか?こっちですよ。」とご婦人が声をかけて下さいました。
 
逗子の豊かな自然と街の活気、人の温かさに触れ、一気に逗子が好きになりました。
 
施設の内容だけでなく、施設の建つ土地や周辺情報をお伝えすることの大切さに気付かされました。大切なご家族が生活するイメージが膨らみ、入居する施設を一層魅力的に伝えることができると思いました。

横浜相談室 根本 園代

「しあわせのお手伝い」

横浜相談室の宇都宮でございます。

暖かな日が増え、早咲きの桜を目にするようになりました。春の訪れを感じる場面が多くなりました。
春は、新生活をスタートされる方も多いですね。

先日、私のお客様も、ご自宅から施設へ転居され、新たな生活をスタートされました。

1年前にご相談来店され、その後施設の見学、お申込みされたお客様でした。
施設の担当者が、ご希望のお部屋の仮押さえを繰り返してくださり、ご入居時期を待って下さいました。


ご本人様は、独居でお子様がいらっしゃらず、ご友人のサポートを受けながら生活されていました。気丈な方でしたが、要介護1で歩行状態が不安定で転倒リスクがありました。 この1年間、ご本人様より体調不良時や転倒して動けない時など、ご連絡を頂きお話を伺って参りました。
ご本人様の入居に対しての環境と心の準備が整うまで、お気持ちに沿いながら、入居時期を鑑みて進めていきました。
先日、引っ越しの業者を手配し、引っ越す荷物や不用品などの見積もりに同席致しました。 3DKのお部屋から、18㎡のお部屋へ引っ越しのため、ほとんどのものを廃棄することとなりました。
その中には、思い出の品もあり心さみしそうでしたが、時期をご本人様に寄り添ってきての決断でしたので、すっきりとされた表情でした。

「ここまで付き合ってくれてありがとう。おかげで決心をしてから、順番にひとつずつ、周辺の整理や挨拶などを済ませてこれたわ。これからは、施設で生涯みてもらうわね(笑)死ぬまでお付き合いちょうだいね(笑)」とおっしゃって頂きました。

すっきりとされた笑顔に、春を感じる暖かな日差しがまぶしそうでした。

引っ越しされた後、施設の中でご友人ができ、麻雀倶楽部を楽しまれております。
お強いようで、いまのところ敵なしです。

春は別れと出会いの季節ですね…

はじめまして。

初めての投稿になります。

今年の1月より入職しました、「太田 真一」と申します。

川崎生まれ、川崎育ちになります。

老健、ケアマネ、病院と経験しており、その経験を生かせるように日々勉強しております。


川崎といえば、参拝で有名な川崎大師も上がるのではないでしょうか。

普段参拝されている方もいらっしゃると思いますが、「赤札」なるものがあり、

10年に一度の大開帳というのがあります。次回は2024年の年になるそうです。

長時間並ぶのは必須ですが、10年に一度の機会になりますのでいかれてみてはいかがでしょうかね。

今年は初詣には行っていませんが、毎年参拝の方少なくなっているような気はしますが…


小さな親切心を心掛けて対応させて頂きますので、よろしくお願い致します。

2018年3月10日土曜日

【しあわせのお手伝い】の実現に向けて

皆様、こんにちは。
横浜相談室の玉井です。

私が実際に相談を受けたお話です。

先日、知的障がいをお持ちの息子様と、親子で介護施設に入居させたいとの
ご相談を受けました。今まで、親子で生活をされていましたが、母親の大腿部骨折により
ご自宅に戻られるのが困難になった為です。私は、『障害者総合支援法』の指定を受けている
ある施設をご提案し、無事に親子一緒に入居することが出来ました。

入居後のご様子を伺うと、母親はすっかりホームでの生活にも慣れ、
息子様も、毎日ヘルパーさんと外出をされ、落ち着いて生活が出来ているとのことでした。

ご家族様からは、『自分達で探していたら、途方に暮れるところでした。専門の方に
手伝って頂いて、本当に助かりました。』とのお言葉を頂きました。

ロイヤルグループでテーマとして取り組んでいる、【しあわせのお手伝い】の、
高齢者支援と、障がい者支援を同時に実現できたことは、私自身、とても嬉しく思いました。

今後も、一人でも多くの、【しあわせのお手伝い】を実現できるよう、
心を込めて対応していきたいと思います。





お客様の立場に立って思った事


皆様こんにちは。
 
横浜相談室の高橋です。
体調を崩しがちな時期ですが如何お過ごしでしょうか?
 
先日思った事を書かせて頂きます。
 
某携帯電話ショップへ機種変更に行きました。
家族4台分でしたので時間はかかると思い事前に予約してましたが、
結局4時間以上かかりました。ただスタッフの方は疲れた表情を見せず、
こちらを気遣い終始笑顔で答えてくださいました。専門用語が多い中
説明も丁寧にで安心できました。

私も普段カウンター対面でご相談を受けます。
長時間のお話しとなる場合も多くあります。相談者様にとって価値ある時間にし、
また今後の見通しをお見せし安心して帰って頂けているか?考えさせられました。


今後もご家族の「しあわせのお手伝い」をするため、
日々努力をしようと思ったでき事でした。


横浜相談室そごう横浜店
高橋

地域の”今”を知る

ご家族様や、ご本人様のご事情から、ご自宅にお伺いしての面談が増えてきております。
先日、県営団地に伺った際、お部屋の前の廊下で地域包括支援センターのケアマネージャー様とお待ち合わせしていました。
すると、約10分ほどの間に、居宅介護支援事業所のケアマネージャー様や、証券会社の営業マンの方など、様々な方とご挨拶しました。
高齢者が住む団地には、入居者を支える多くの”地域”の方が携わって成り立っている事を肌で感じることとなりました。
普段から地域の皆様と、コミュニケーションを取ることが非常に重要であると思います。
現地現場で”今日”の動きを感じること。最善のお手伝いをする上で、何よりの理解につながると思う瞬間でした。

横浜相談室 横澤

2018年3月8日木曜日

卒業式にて

こんにちは。

横浜相談室の森です。
先日、私の娘が無事高校を卒業いたしました。

卒業証書授与の際、各クラス担任が生徒一人一人の名前を読み上げて下さいます。
先生も緊張しながら卒業生の名前を呼び、呼ばれた生徒もまた緊張の中返事をして起立していきます。双方誇らしげで、寂し気で。静寂の中に声が響きます。

そして先生の中に1人だけ、手元の名簿に一切目を落とさず40人一人一人の顔をじっと見つめながらかみしめるように名前を呼ぶ先生の姿がありました。

式が終わり家に帰った後、娘に「むちゃくちゃ愛に溢れてる先生が一人いたね!」と言っただけで「〇〇先生でしょ!全然名簿見なかったね!」と。
心に秘めた気持ちは行動となり、それは説明しなくても多くの人に伝わる物だなぁと感じた出来事でした。
そして、生徒が企画した卒業式第2部では各クラス担任からのユニークに満ちた演出とともに愛あるエールが送られたのでした。
最後に生徒全員が振り返り父兄席に向かって「ありがとうございました!」と深々一礼。
まさか泣くとは思っていなかった私でしたが結局は涙の卒業式となりました。

娘にはいつも感謝を忘れず、優しさを持ち、人に温かさが伝わるような生き方をしていってほしいなと改めて思う一日でした。

                               横浜相談室 森玲子

〝小さな事〟に〝大きな心〟

今日はあいにくの雨!花粉症の方には恵みの雨?!でしょうか。
驚異的なインフルエンザの季節が終わりを迎えると同時に花粉の飛散が始まり、皆さま体調維持に支障はでていないでしょうか?
私は、インフルエンザに感染しない記録を更新し、今シーズンで29年となりました。今年も元気です!!

さてさて、肌寒い一日でしたが、なんとも心が温かくなる出来事があり、是非お伝えしようと思っての投稿です。
今日は、横浜市瀬谷区にある『阿久和地域ケアプラザ』で、来月行われますセミナーの打合せのために、現地に伺った時の事です。
本当に忙しい時期にお時間を割いていただき、恐縮しつつお伺いしたのですが、受付の方にお通しいただきました部屋にはこのようなものが!!↓↓
 
ここには、
 
「ロイヤル様
 本日は、ご多忙の中、阿久和地域ケアプラザまでお越しいただき、ありがとうございました。
 今後ともよろしくお願いいたします」
 
と書かれ、印象的な風景の絵とともに、お茶と飴が準備されておりました。
 
私も、横浜で10年様々な所に出向き、にお伺いいたしましたが、このようなお迎えをいただいたのは初めてのことで、なんとも感動いたしました!!
しかも、主任ケアマネージャーの方との打ち合わせだったのですが、その方の指示でもなく、受け付けてくださった他の職員の方が自発的に行ってくださった事のようで、さらにさらに感動しました!!!
 
これぞ 『小さな親切心!』 と強く感じ、私含め弊社社員も一層の高い意識が必要だとあらためて実感したひとときでした。
 
阿久和地域ケアプラザの皆様、良いひとときをありがとうございました。
 
 
横浜相談室
遠藤 成幸
 

贈る言葉

娘が高校を卒業しました。
体育館での式典が終了し、ホームルームの教室に戻ってからのことです。
一人だけ担任の先生に呼ばれて、1通の手紙を渡されました。それは、3年前に卒業した中学の校長から、進学先の各高校の校長先生にあてた、お祝いの手紙でした。良き日を迎えられたお祝いとともに、卒業生である娘に対し、「感謝の気持ちを忘れるな、青春を謳歌せよ」とメッセージが添えられていました。
中学の校長先生からしてみれば、もしかすると毎年のルーティンかもしれませんが、生徒一人ひとりにとっては、一生に一度の晴れの日であり、それはとても意味深いものだと思います。
身近なひとから日々、声をかけられることは、大変有難いことですが、一方で、思いがけず、自分を見守ってくれているひとがいることを感じられた一瞬は、とても愛おしい瞬間ではないでしょうか。
愛情や感謝の伝え方は様々ですが、ひとを思いやる心を持ち続けることと、表現することの大切さをあらためて感じました。
それぞれ進学先が決まったかつての同級生と連絡をとりあい、娘たちは、久々に母校を訪ねる計画をたてていました。

横浜相談室
小松