2018年5月21日月曜日

〝ゆとり〟の大切さ!

皆様いかがお過ごしですか。横浜相談室の遠藤成幸です。

新年度になり、バタバタと時が経過しGWもあっという間に過ぎ、気付けば5月も下旬にさしかかってきました。「早い!!」と思っている方は私だけではないと思います。

つい先日、我が家の庭にふと目をやると、ヤマボウシの木に3つ程その白い花が綺麗にひらいておりました・・・実はこのヤマボウシ、我が家にやってきてから6年、全く花をつけづにここまできており、半ば〝花はつかないのかな…〟とあきらめていたものでしたから、ことのほか嬉しくまじまじと観察してしまいました。さらに周りに目を向けると、色々な木々の緑が濃くハッキリと移り変わっておりました。
そういえば最近、〝自然に触れている実感〟がすこし薄れていたなと思い、あらためて、そのことから得られる〝ゆとり〟の必要性と大切さを感じた瞬間でした。
私の住んでいる街には様々な自然があります。少し足を延ばせばこんな光景も見ることができます。



私どもの窓口には、日々様々なお悩みをお持ちの方がいらっしゃいます。皆さま、切羽詰まり心に余裕なくいらっしゃいます。電話のご相談でも同じです。その方々の共通項は、「どうしたらよいかわからない…」というお悩みであり、皆さま全く気持ちに余裕がなくご相談に来られます。
だからこそ、ご相談をお受けする私どもが、どこか〝ゆとり〟をもち、適正に事進めるサポートをしなければならないと、あらためて強く感じました。そして、この〝ゆとり〟は誰にでも必要なことであることも感じました。
〝ゆとり〟を提供できる窓口になるよう、日々心掛けてまいりたいと存じます。


横浜相談室 遠藤成幸